カテゴリー「旅行・地域」の47件の記事

リビエラ・マヤ

カリブ海近くのリゾート、リビエラ・マヤに行ってきました。

以前、カンクンに行った際にオールインクルージブ(滞在中は食べ放題&飲み放題)という夢のようなプランを体験して以来、もう一度行ってみたい!と思っていたカリブ海。

やっと念願叶いました。


宿泊したのは、「Iberostar Paraiso Maya」(http://www.iberostar.com/hoteles/riviera-maya/iberostar-paraiso-maya)。

実際は、このホテルより$30ほど安い同系列のホテルを予約していました。

しかし、フロントでExpedia(ホテルの予約サイト)から、



「ワンランク上のホテルにグレードアップの指示がきている」


とのことで、なぜかジュニアスウィートに宿泊できることに。

敷地は同じですが、使用できる施設やレストランが多いので、かなりラッキー。

日本の高級ホテルとまではいきませんが、部屋は広くてきれいでした。

Dsc06932




が、子供が多い!!

我々夫婦は子供好きなので、あまり気になりませんでしたが、子供嫌いの人は厳しいかも・・・

何せ、このホテル、流れるプールや波のプールなど子供向け施設が充実。

子供が多くて当然です。

Dsc07007

Dsc06937

Dsc06950




もちろん、大人が流れるプールや波のプールを使用することもできます。

童心に帰ったおじさんおばさん達が、子供に紛れてはしゃいでました。(私たちもですがcoldsweats01


大人向けが喜ぶバーやジャグジーも充実。

Dsc06953

Dsc06938_5

Dsc07013

(小さく写っているのは旦那。決して隠し撮りではありませんのでご了承を)

家族で楽しめる雰囲気です。


海はとてもきれいで魚もたくさんいます。

Dsc06962

Dsc06960_3



魚にパンをあげている人がいて、その周りには何十匹もの魚が集まってました。

近寄っていくと、私からも餌をもらえるんじゃないかと勘違いした魚たちに取り囲まれるほどの数。

たくさんいすぎて、恐怖さえ感じるくらいでした。



今回の旅行は5泊6日。

1日くらいはツアーに参加しようか?とも思いましたが、カンクンに行った際にチェチェンイッツァ遺跡にも行っているので、ひたすらのんびりすることに。

読書三昧の日々を送りました。

プールや海はもちろん、夜はナイトショーがあったり、昼間はビーチではいろんなイベントが開催されている飽きることなく過ごせました。



ビーチでの巨大パエリア作り。

コック帽をかぶって、手伝っている風の私。

Dsc06994_2

ロブスターもザクザク入ってます。

Dsc07001

Dsc07005



ロディオ大会。(注:乗っているのは私ではありません)

Dsc07003_2




滞在中は、飲み放題・食べ放題なので、暇さえあれば食べてるか飲んでるかって感じでしたcoldsweats01

もちろん、クレープやアイスもタダ!!

Dsc06970_2

Dsc06968_3



朝食やランチはビュッフェ、ディナーはドレスコードのあるちょいと良さげなレストランでフレンチやイタリアン。


ビュッフェ。

Dsc06973


朝食時のフレッシュジュース。これが激ウマ!!

Dsc06979_5


魚介盛りだくさん。こちらは海老。

Dsc06948_2



白身魚のメイン。

Dsc07038



魚介だけでなく肉も充実。

Dsc06946_2



食べ放題なので、メイン3品なんていうことも可能。

わかりにくいですが、メインが3品並んでますcoldsweats01

Dsc07045



時には、こんなサービスも。

Dsc06944


子供は喜びそうですね。



どう考えても、プールで泳いだり、海に入って消費するカロリー以上に摂取していました。

当然ですが、帰国後の体重は恐ろしいことにshock

旦那は2キロ増でした。

私は、怖いので計っていません。

しばらくダイエットしてから体重計に乗るつもりですcoldsweats01


太るとわかっていても、魅力たっぷりのオールインクルーシブshine

本帰国前にもう1度行きたいなぁ~。

頼むぜ旦那!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

プリンストン

家から車で1時間のところにあるプリンストン大学に行ってきました。

この大学は、ハーバード大学・イエール大学と並ぶ高レベルの学校。

ハーバードとイエールには行きましたが、一番近場のプリンストンはまだだったので、ドライブがてら見学。

街並みがキレイと評判ですが、確かに明るい雰囲気で、とてもきれいです。

Dsc06804001


校舎も大学とは思えない造り。

Dsc06798001

Dsc06797001

Dsc06800001


学校に面した通りを散策していると、行列ができているお店を発見。

Dsc06801001


「美味しいに違いない!」ってことで、ランチはこのお店に決定。

「PJ’s Pancake House」(http://www.pjspancakes.com/)。

30分ほど並んで店内へ。

Dsc06802001

みんなパンケーキを食べているので、私たちもパンケーキを注文。

運ばれてきたのは、ごくごく普通のホットケーキ。

Dsc06803001

味もごくごく普通でした。

写真のパンケーキで$11くらいなので、決して安わけでもなく・・・

正直、行列ができている理由がわかりませんでしたcoldsweats01

まぁ、そんなことも一興ってことで。


新緑がきれいなこれからの季節。

近郊へのドライブには良い時期です。

来週はどこ行こ?smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カニ食べ紀行  ボルチモア&アナポリス

「カニが食べたーーい!!」


ということで、ボルチモア&アナポリスに行ってきました。

カニの旬=冬

と思っていましたが、ボルチモアやアナポリスのカニの旬は夏とわかりガッカリ。

でも、今回は2回目の旅。

前回は旬のカニを食べたので、今回は冷凍カニ(なのか?)で我慢します。


早速、食記録。

↓ ↓ ↓

1日目のランチ

「Gunning's」(http://www.gunningsonline.com/index.php

Dsc06573


クラブケーキが有名とのことなので、噂のクラブケーキとソフトシェルクラブを注文。

Dsc065701

Dsc06571

クラブケーキが運ばれてきた瞬間、

「小さっ!!!」

と思いましたが、割ってみると中身がギッシリ。

カニの風味も活きていて、

「有名なだけあるわ」

って感じでした。

ソフトシェルクラブは、丸ごといただくのは初めて。

いつも半分にカットされたものなので、当然ながらカニ味噌はどこかへいってしまってます。

丸ごとなら、カニ味噌もたっぷりじゃ?

と思った勘は的中。

久しぶりのカニ味噌めちゃくちゃ美味しかったです。



そして、夜は「Cautler's」(http://www.cantlers.com/)。

こちらが今回のメインイベント。

飽きもせず、ランチに引き続きカニを注文。

すると、運ばれてきたのは・・・

Dsc06576

トンカチとナイフ&フォーク

これで、カニを叩き割るのです


注文したのは、largeサイズのカニ1ダース。

Dsc06577

どなたかのブログで

「3杯は美味しくいただきましたが、残り3杯は義務感にかられ・・・」

というような記載がありましたが、カニ好きの我々夫婦なら6杯くらい、ちょろいはずsmile

最初に店員さんから解体の仕方についてレクチャーを受け、いざ叩き割り開始sign03

よく、「カニを食べると静かになる」とか言いますが、

日本でカニを食べてるようなあまい状況ではありません。

何せ、トンカチで叩き割るのですから。

無言もいいところです。笑

一心不乱にカニを叩き、食べ、叩き、食べ・・・

気が付けば2時間が経過。

すべてを食べ終わりました。

Dsc06578

疲れた・・・

そして、指には傷・・・


味は、まぁまぁです。

カニによって、ものすごく美味しいものもありましたが、全体的には良くも悪くも・・・って感じでした。

ひとり6杯も食べたのに、満腹にならずカニのディップを追加注文。

Dsc06579

高カロリーで体に悪そうな一品ですが、美味しかったです。



胃を休めるため、たっぷり睡眠をとり翌日。

ブランチは「Buddy's」(http://www.buddysonline.com/)のビュッフェへ。

こちらのお店は以前にも利用したことがあります。

カニが食べ放題なので、今回の旅の締めくくりにはうってつけ。

と思い、ビュッフェコーナーを確認すると・・・

Dsc06582

Dsc06587

Dsc06584

Dsc06585

カニがないshock

どうやら、日曜のブランチビュッフェはカニがないらしい。

どひゃぁぁぁcrying

最後に、こんなオチが待っているとは・・・

けれども、捨てる神あれば拾う神あり。

ずっと食べたかったエッグベネディクトがおいてありました。

生卵を使用しているので、非常に危険な食べ物。

(こちらでは、卵の保存状態がよくないため、基本的に生の卵は食べません。)

いつもなら、避けて通るも、カニがない腹いせに4つも食べてしまいました。

Dsc06588

(↑↑↑この写真を4回食べました。やりすぎだろ。)

お土産にオリジナルグラスを購入しました。

Dsc06592



カニで締めくくれなかったものの、お腹は大満足。

美味しいものをたくさん食べた旅でした。



今回行ったアナポリスまでは、約350キロ。

これって、

東京→名古屋

東京→仙台

に匹敵する距離です

エビフライ食べに名古屋まで。

牛タン食べに仙台まで。


ずっと運転してくれた旦那に感謝しなければcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

クリスマス・ビレッジ

「クリスマス・ビレッジ」(http://www.koziarschristmasvillage.com/home.html)という、イルミネーションで有名な町に行ってきました。

イルミネーションの始まりは1948年。

個人のお家でクリスマスの飾りつけをしたことがきっかけとのこと。

年を追うごとに、豪華になっていったようです。


大型バスもくるほどの観光地になっているだけのことはあります。

町が目に入った途端、その規模に驚きsign03

C0061496_88271001

その一角だけが、別世界のようです。


入場料はひとり$8。(ドでかいフリーパーキングあり)

敷地内には、イルミネーションのほか、小屋があってその中にクリスマスをモチーフにした飾りつけもあります。

Dsc06457

正直、この小屋の完成度はイマイチかも

それでも、輝くイルミネーションの中、クリスマスの音楽をバックに歩くのは楽しいです。

Dsc06441

Dsc06444

Dsc06446

会場内には、軽食屋・お土産屋なんかもあります。

Dsc06461

1時間ほどかけて散策後、帰路につきました。(散策ってほど広い敷地じゃないけど・・・)

すると、こちらへ向かう道はものすごーい渋滞。

到着時間が少し遅れていたら、大変なことになっていましたsweat01



日本にも、個人のお家で飾りつけをしている有名な場所があったはず。

大都市のイルミネーションもいいけど、住宅街や田舎にあるとこも見てみたくなりました。

帰国したら、どこかに行ってみようhappy01

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ケープ・メイ

週末は、ニュージャージーの最南端にあるケープ・メイという町に行ってきました。

目的はWhale Watching。

チケットは、グルーポンを使用し半額($40→$20)でゲットしました。

クジラウォッチグとなってますが、正確には「イルカ&クジラ ウォッチング」。

イルカが見られなかった場合は、再度アトラクションに参加することができます。

しかし、クジラが見られなかったとしても、次の参加はできません。

それって、クジラを見られなくても当たり前ってこと?sweat02



一抹の不安の残しつつ、朝8時には家を出発。

ケープ・メイまでは約3時間。

結構、遠いんですgawk

予定通りに到着。

まずは「ケープ・メイ」灯台へ。

Dsc061021

Dsc061101


なんてことはない灯台ですが、観光スポットが少ないので、人がたくさんいました。

$5払うと、灯台の中に入れます。

(どケチ夫婦の我々は、灯台に登りませんでした。笑)



その後、ランチをすることに。

何件かを物色した結果「The Lobster House」(http://thelobsterhouse.com/home/)というレストランへ。

Dsc061123


このレストランには、フィッシュマーケットもあり、お客さんが列を成しています。

Dsc061134

Dsc06114


レストランのオープンまでには少し時間があったので、既にオープンしているテイクアウトコーナーで買うことにしました。

メニューはレストランとほぼ同じですが、価格はテイクアウトのほうが安いsign03

しかも、レストランではチップが必要ですが、テイクアウトはチップ不要sign03

テイクアウト用のテーブルも用意されているので、レストランに入るよりも断然お得ですhappy01

Dsc061273


注文したのは、シーフードコンビネーション$11.95と、クラブケーキサンド$10.25。

Dsc061193

Dsc061203


写真では、かなりイマイチですが、実際は美味しいです。

クラブケーキにはカニがぎっしり、ホタテは大きくて旨味たっぷり、エビはプリプリで、白身魚はホクホクdelicious

このボリュームと味を考えると、安いsmile



お腹を満たした私たちは、目的のイルカ&クジラ ウォッチングへ。

出発30分前に着きましたが、既にお客さんが並んでいます。

Dsc061281


すぐに乗船が始まり、予定通りに出発。

かなり後ろのほうに並んでいましたが、ちゃんと席は確保できました。

船に揺られること1時間。

イルカの群れがやってきましたup

船の周りをたくさんのイルカが泳いでいます。

Dsc061483

M4h061499


すごーーいhappy02

30分程度イルカを観察した後、沖のほうへクジラを探しに。

ガイドさんもお客さんも必死でクジラを探します。

が・・・クジラ発見ならずcrying

やっぱり、クジラとの遭遇は難しいのね。。。



ホテルのチェックインを済ませ、目抜き通りへ。

Dsc06156_2


雑貨屋さんやお菓子屋さんなど、小さなお店が並んでいて、見ているだけでも楽しいです。

レストランも何件かあり、グリルしたシーフードのにおいも漂ってきます。

私達が予約したレストランは、目抜き通りからちょっと外れたイタリアンのお店「Frescos」。(http://frescoscapemay.com/frescosseafoodtrattoria.html

どなたかのブログで美味しいと書かれてあり、クチコミも良かったお店です。

まずは、前菜。

ガーリックトースト

Dsc061642


カキにバターを乗せ軽く焼いたもの

Dsc061673


肉厚で食べ応えがあります。

そして、メインのパスタ。

魚介のクリームパスタと魚介のトマトソースパスタ

Dsc061681

Dsc061691


両方ともシーフードがてんこ盛りlovely

クリームパスタのほうは、アルデンテな感じで味も美味しかったです。

しかし、トマトソースパスタは失敗でしたwobbly

パスタはぶよぶよ、ソースもいまいち。

せっかく美味しいシーフード使ってるのに、もったいないshock

このレストランは、お酒のライセンスがないので、みんなワインやビールを持ち込んでいます。

私たちも持ち込みをしたので、お酒代がかかりませんでした。

4品で$90。

シーフードは食べ応えがあり。

でも、あの味を考えると、ちょっと高いかな?という印象でした。



ケープ・メイは「Restaurant Capital of NJ」と言われ、美味しいシーフードのレストランがたくさんあるそうです。

ちょっと遠いけど、リベンジしに行きたいと思いますwink



それにしても、クジラウォッチング。

外国人からは「捕鯨する日本人のくせに」みたいに見られてたのかな・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ケープコッド旅行記 その2

ケープコッド2日目は、ハイアニスとチャタムへ。


ハイアニスは、ジョン・F・ケネディがお気に入りだった町で、ジョン・F・ケネディ博物館なるものもあります。(数少ない観光スポットにもかかわらず、英語がわからないだろうということで入館せず。やる気ゼロ。笑)

メインストリート沿いには、レストランや雑貨屋さんなどが立ち並んでいます。

Dsc059121



チャタムは、白い木枠とグレーっぽい外壁を基調とした建物で町が統一されています。

個人のお家だけでなく、チェーン店のドラッグストアなんかも同じような作りです。

Dsc058971


そして、ケープコッドと言えばコレflair

Dsc05899


そうそう、灯台です。

アメリカで有名な「ケープコッドポテトチップ」のデザインにもなっています。

いくつもあるはずの灯台ですが、見つけられたのは1つだけ。(そもそも、見つける気ない・・・やる気ゼロ。笑)

本当に役に立つのか?ってくらい小さかったですcoldsweats01



昨日、足を運んだ町も含め、みなとてもキレイです。

ゴミもほとんど落ちてないし、芝の管理も完璧。

住人は、「見られてる」ことを意識してるんだろうなぁ、という感じ。

散歩がてらブラブラするのは楽しいですが、買い物はイマイチでしたdown

どこの町も、売っているものはNYやNJで手に入るものばかりなので・・・



2日目は家路につきつつ、ニューヘイブンの近くに1泊しました。

泊まったのは、マリオット。

全室スィートというだけあって、部屋が充実しています。

ベッドはキングサイズ、ミニバーにはレンジや流し台もありました。

Dsc05915


それなのに、昨日のSuper 8よりも安いとは・・・gawk




2日目も美味しいシーフードを求めて、レストランを探しました。

ホテルの近くにクチコミ評価が高いレストランを発見sign03

「Scribner’s」(http://www.scribnersrestaurant.com/

住宅街にあるレストランで、お店から2分くらい歩いたところには海。


こりゃぁ、期待できるかもnote


本日の注文は、クラムチャウダー $4

Dsc05933


クラムチャウダーを注文したら、↑↑↑が運ばれてきました。

って・・・


?????

クリームじゃない・・・shock



けど、クラムはどっさり入ってます。

「本日のスープ」と間違えたんじゃ?

旦那曰く、クラムチャウダーにはいろいろ種類があるとのこと。

本当かいな?

帰宅後、調べてみたクラムチャウダーには3種類あることが判明。


・クリームスープ → ニューイングランド風

・トマトスープ → マンハッタン風

・清汁 → ロードアイランド風


ここのレストランは、ロードアイランドに近いから、清汁だったようです。



そのほか、カジキマグロのゴルゴンゾーラソース添え $15

Dsc059431

淡白なカジキと濃厚ゴルゴンゾーラの絶妙なバランス。

ちょっと量が少なかったけど、美味しかったですdelicious


カキ $12

Dsc059311


そして、ロブスター(1.5パウンド) $25(時価)

Dsc05940

高いだけあって、デカイcoldsweats02

でも、レッドロブスターなんかで食べるより、全然安いsign03

プリプリ触感で、旦那大満足の様子でした。

Dsc05946




3日目は、エール大学へ。

全然知らない学校だけど、かなり頭が良いとこらしい。

建物が観光名所になっていて、大学の校舎を見学するツアーもあるとのこと。

ひとつの敷地内に校舎があるのではなく、街の中に校舎が点在している感じです。

確かに、凝った作りの建造物がいっぱい。

Dsc05949

Dsc05952

Dsc059501

学生の町というだけあって、若者が多いです。

雰囲気も良いし、道もキレイでした。

それにしても、これだけの校舎を維持するってことは、学費は一体どのくらいなのか・・・

建築物そのものより、費用を考えちゃう私ってロマンがないなぁ。(ロマン??)



久しぶりに行き当たりばったりな感じの旅でしたが、時間を気にせず町を散策したり、店内の様子を伺いつつレストラン選びしたり、と結構楽しかったですhappy01

次回、近郊の旅は紅葉狩りかなsmile

極寒の季節の前に、活動しておかなければsign03

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ケープコッド旅行記 その1

週末の3連休でケープコッドに行ってきました。

ケープコッドは、ボストンから車で2・3時間のところにある半島。

家からは5時間くらい。

遠い・・・gawk

近くには、バスケットで有名なナンタケット島もある観光地です。



まず、ケープコッドの近くにあるプリマスへ。

ここは、メイフラワー号が漂着した場所で、「アメリカ発祥の地」として知られています。

(なんて、もっともらしく書いてるけど、メイフラワー号・・・勉強したんだろうが、全く記憶にない・・・要は先住民がいるとこに、メイフラワー号でイギリス人が侵略に来たって町です。)

観光スポットも歴史的なものが多いです。

メインはやっぱりメイフラワー号のレプリカ・・・かな?

Dsc058091


写真だとわかりにくけど、この船すごく小さいsign03

船内も自由に見学できますが、15分もあれば十分ってくらいの規模。


Dsc058271

Dsc058311

にもかかわらず、102名も乗船してたらしいです。

信じられんshock


船には、当時の洋服をまとった女性がいて、いろいろ説明してくれます。

Dsc058251


もちろん英語なのでさっぱりわからんgawk

でも、船の見学とプリマス・プランテーションのコンビネーションチケットを購入したら、「プリマス開拓村」という、日本語の本がもらえました。(なぜか、「1300円」と日本語の記載あり・・・)


メイフラワー号から、すぐのところに「プリマス・ロック」があります。

これは、ピルグリム(イギリスから来た清教徒)が、始めてプリマスの地に足を降ろしたときに使用した踏み石。

Dsc058371


石には、プリマスに到着した年「1620」が刻まれています。

歴史ある石ですが、まぁ、所詮「石」・・・か「岩」ってとこ。

ウィキで調べたら、



「がっかり名所」と言う者もいる


だって。笑



私たちは、がっかり名所を後にして「プリマス・プランテーション」へ。

Dsc058401


ここは、17世紀のプリマスを再現した野外博物館で、当時の服装をしたスタッフがその時代の暮らしを忠実に再現しています。

Dsc058612


実際に、家畜がいたり、食料を育てていたり。

Dsc058511

Dsc058461

Dsc058441


先住民たちの暮らしを紹介するコーナーもありました。

Dsc058421

Dsc058431


このプリマス・プランテーションとメイフラワー号のコンビネーションチケットは、1人$29.5。

正直、高すぎるような気も・・・

でも、気候が良いときしか営業してないから仕方ないかcoldsweats01



プリマスの観光を終え、サンドイッチというケープコッドで最も古い町へ。

ここは、ヨーロッパ調のかわいい町並みが残っているとのこと。

Dsc058631

Dsc058641

Dsc058661_2

確かに、かわいらしいお家。

だけど・・・所詮「家」・・・って感じが。。。



散歩がてら町を散策した後、プロビンスタウンのコマーシャルストリートへ。

コマーシャルストリートは、海岸沿いにある通りで、たくさんのお店があります。

人もわんさか。

Dsc058761


プロビンスタウンは、ゲイピープルの街としても有名で男性同士のカップルもたくさんいましたheart04

店先には、ゲイの象徴であるレインボーカラーの旗も。

Dsc058741_2

Dsc058751


お店がたくさんあったので「何か買おう!」と思ったのですが、NYやNJにもあるものが多く、結局何も買いませんでした。



初日の観光を終え、宿泊先に。

1日目の宿は、ハイアニスの近くにある「Super 8」。

エクスペディアで☆2つなのに、$133。

高っcoldsweats02

外観も内部も、たいしたことないのに~

Dsc05881_2

Dsc05883



チェックイン後、ハイアニスへ夜ご飯を食べに行きました。

下調べを全くしていなかったので、事前情報はゼロ。

自分たちの勘を信じて入ったお店は、メインストリートにある「Schooner’s」(372 Main St Hyannis, MA 02601)。

イタリア料理のお店っぽかったです。

注文したのは、ムール貝のワイン蒸し

Dsc05886


$11で25個も入ってました。



ホタテとエビのパスタ $22

Dsc05889



魚介のプレート $24

Dsc05891


魚介そのものは、美味しかったですdelicious

ただ、パスタはアルデンテより柔らかめ。(と言っても、アメリカ人が好きなぶよぶよパスタではありません。)

プレートの魚介は、パン粉をかけて焼いたものでしたが、どっちかって言うとパン粉はいらない。

全てが、ちょこっと惜しい感じでした。。。



観光といい、ご飯といい、なんとなくボヤ~っとした1日でしたが、こんな感じの旅も面白いなぁ、なんて思いつつ眠りにつきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

気球フェスティバル

昨日は、NJで開催された気球フェスティバルに行ってきました。

気球が飛ぶ(飛ぶでいいのかな?浮かぶ??)のは、朝と夕方。

朝に照準を合わせ、午前5時に家を出発rvcar

途中、鹿の一家に遭遇しつつ、6時過ぎに現地に到着。

Dsc056291

(民家の庭に、素知らぬ顔して歩いてましたcoldsweats01



朝早いにもかかわらず、既にたくさんの人がsweat01

Dsc056321_2



敷物を持参し、のんびり待つこと1時間。

おおおぉぉぉぉぉup

気球の準備が始まったぁぁぁupup

Dsc05642

正確な数はわからないけど、恐らく50くらい(気球を数える単位がわからん)。

Dsc05649_2

次々に、大空に舞っていく姿は、圧巻flair

Dsc05657

変り種の気球もあり、それぞれにあった音楽が流れたりします。

Dsc05669

Dsc05670

Dsc05671

Dsc05673

観ている人も、乗っている人も、すごーーーく盛り上がって楽しいup


途中、スカイダイビングのパフォーマンスもあって、これまた盛り上がりますhappy01

Dsc05637


「何かアクシデントがあったんじゃshock

って言うくらいの勢いで降りてくるから、ハラハラドキドキsweat01



そのほかにも、レストランや軽食のブース、お土産屋さんもあり、日本のお祭りみたいな感じです。

Dsc05676

ブースの中には、お菓子やジュースを無料で提供しているところもあり、人だかりが。

みんな「無料」には弱いのね。笑

Dsc05677

Dsc056781



思いつきで行ってみたイベントでしたが、大満足でしたnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タークス&カイコス諸島旅行記 その4 ~Turks&Caicos Islands~

ビーチでのんびりしていると、小さな船が近づいてきましたship

不思議に思って見ていると、船からひとつの箱が砂浜に。

Dsc055461

何だ?何だ?eye

近寄ってみると、そこには新鮮な魚が山盛りshine

Dsc055481

Dsc055451


うっひょ~happy02

今日は、最後の夜なのでレストランで食事の予定。

この瞬間に、海鮮メニューを注文することが決定しましたflair



そして夜。

ホテルのレストランへ。

オーダーしたのは、

コンクサラダ

Dsc055561

コンクフライ

Dsc055541

Wahoo(カマスサワラ)のグリル

Dsc055601

海鮮のトマトクリームパスタ

Dsc055621

どれもこれも、めちゃくちゃ美味しかったですup

コンクは間違いない美味しさだし、カマスサワラとか言う魚もさっぱりしていて美味delicious

(カマスなのか、サワラなのかよくわからんが。笑)

パスタは絶品shine

ムール貝やホタテ、魚などたくさんの魚介がてんこ盛り。

ソースも最高だし、ちょうど良いアルデンテ。

今まで食べたパスタの中でも、トップクラスのお味good

夕日を見ながら食事をはじめ、気がつくと、結構な時間になり、店内はお客さんでいっぱい。

Dsc055862

歌や楽器の演奏もあり、楽しい時間を過ごすことができましたnote




ここまでは。



夕食後、なんだかちょいと気分が悪い・・・

と思ってたら、すごーーく気持ち悪くなって、ゲロゲロ状態shock

もしや、これって食中毒down

いやぁぁぁーんcrying

もともとお腹が弱いので、海外旅行に行くと、かなりの確立で食中毒になる私。

今回も気をつけてたのにー。

楽しい時間は一転、地獄の時間となりました。

幸いだったのは、気分の悪さが長時間続かなかったこと。

夜は、しっかり寝ることができましたconfident




午前2時までは。




「グォエェェェェェーーー」

って音で、飛び起きましたdash

なんやねーーーんsign03

と思って、トイレに行くと、旦那もゲロゲロ状態shock

こりゃぁ、間違いなく食中毒だわgawk

しばらくの間は、旦那も地獄の時間へ突入。

悶え苦しんでましたsmile



今回の食中毒、思い当たるのはコンクサラダ。

コンクサラダ以外は加熱しているので、ここまでの食中毒にはならないはず。

旅の気分で調子に乗りすぎたか・・・

「生ものは回避する」ってのが、鉄則だったのに、ついつい食べちまったからなぁgawk

旅の最後にすごいことになりましたが、まぁ、大事に至らずよかったですcoldsweats01

(「大事に至った」気もするが・・・)

教訓:海外での食べ物には、十分注意しよう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

タークス&カイコス諸島旅行記 その3 ~Turks&Caicos Islands~ 

旅行3日目と4日目は、ホテルでのんびりcatface


プライベートビーチでは、浮き輪みたいのとか、カヤックなどが無料でレンタルできます。

浮き輪みたいの・・・

輪ではないです。棒です。

↓ ↓ ↓

Dsc055301


毎日、天気が良いので夕日もバッチリでしたshine

Dsc055052



3日目は、レストランに行かず自炊。

ホテルから車で15分くらいのところに、アメリカ並みのスーパーがあり、買出しも可能です。

リゾート地に来て自炊ってのも微妙ですが、節約のために頑張りましたcoldsweats01

ただ、問題だったのは、調理器具。

卵やパスタも買ったのですが、部屋にはコンロがなかった・・・

キッチンに何があるか確認せずに、買い物するという大失態ですshock

仕方ないので、全てレンジで調理しました。


いり卵・・・

パスタ・・・

袋ラーメン・・・



卵は、ボソボソsweat02

パスタは、3、4本がくっついた状態sweat02sweat02

袋ラーメンは、ところどころベビースターのような食感sweat02sweat02sweat02



でも、食べられましたsmile

まぁ、これも旅の一興ですbleah



ホテルの一室を購入する金持ちもいれば、私たちのような人間もいて、

昨日のように、フルーツを売る子供もいれば、それを買う大人もいて、

なんだか、世界はやっぱり格差社会ですなぁgawk

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧