カテゴリー「グルメ・クッキング」の62件の記事

一風堂

久しぶりに一風堂に行ってきました。

家の近くにもラーメン屋はありますが、一風堂には勝てない。

しばらくご無沙汰していると、どうしても食べたくなってしまいますcoldsweats01


注文したのは赤丸とチャーシューごはん。

Dsc07488001

Dsc07490001_3

セットで$17なので安くはないけど、この味なら仕方ない!!って感じです。

平日の14時だったので、ランチのピークは越えていましたが、店内にはたくさんのお客さんがいました。

さすが人気店shine

デザートまで堪能した後は、近くの本屋さん「STRAND」へ。


2年半もアメリカにいるので、英語の本も読めるようになって・・・

なんていうことではありません。笑

お目当ては、オリジナルのエコバッグ。

いろんな種類があって、とっても可愛いです。

今回は3種類購入しました。

Dsc07491001


ひとつ$14.95。

エコバッグと考えると高いかもしれませんが、丈夫にできてるし普段使いのバッグだと思えば、かなり安いです。

しかも、日本では3000円前後で売られています。

これを知ると、増々安く感じちゃうhappy02


ほかにも、日本と比べると、格安で売られているエコバッグがたくさんあります。

帰国したら、安い値段では買えないので、たっぷり購入しておきたいと思いますhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Jing Fong Restaurant   ~金豊大酒楼~

友達がずっと行きたいと言っていた「Jing Fong Restaurant (金豊大酒楼)」(http://www.jingfongny.com/)に行ってきました。

どうやら飲茶で有名なお店だそうです。

平日のランチは飲茶1皿$2.5。

とにかく安い。


店内では、飲茶を運ぶワゴンがウロウロ。

Dsc07466001

テーブルにつくとともに、いくつものワゴンに囲まれ、店員のオバサンから「食べろ 食べろ」攻撃にあいます。


今回は5人で行ったので、たくさんの種類を食べることができました。

Dsc07468001

若干「??」のお味もありましたが、だいたいは美味しかったです

が・・・いろんな方のブログによると、マンゴープリンが激マズ!!とのこと。

普通なら、そんなものは回避するのが当然ですが、好奇心旺盛な私たちは、どれだけマズイのか味見してみることにsmile

ほかにも、やばそうなデザートをいくつか食べてみました。

Dsc07476001

ヤバイですshock

激マズですshockshock

マンゴープリンはマンゴーの味は全くせず、おどろおどろしい色のゼリーからは洗濯物の半乾きに類似した異臭がshockshockshock

飲茶とデザートのギャップが大きすぎcoldsweats01

なかなか面白いランチでした。


高級レストランで贅沢ランチもいいけど、こんな笑えるランチも楽しいですhappy01

楽しかったけど、ここでデザートは2度と食べません。笑

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Maialino

カジュアルイタリアンのレストラン「Maialino」(http://maialinonyc.com/)に行ってきました。

ブランチが美味しいとNYタイムスに掲載されたことのあるお店らしいです。(友達セレクトなので詳細不明)


ランチタイムの店内は、ほぼ満席。

ものすごい人気です。

前菜とメインが選べるプリフィックスコースは$35。


前菜はタコ、メインはポークのパスタを注文しました。

Dsc07338001



Dsc07340001_3


Dsc07340001


Dsc07340001_4




どちらも美味しかったです。

特にメインのポークは、ものすごく柔らかくて全然ポークっぽくない!!(写真に肉が写ってない・・・結構たくさん入ってたのに・・・)

レストランのエントランスやメニューに豚のマークがあったので、「おススメはポークに違いない!」と思って頼んだのは、大当たりでした。


友達がセレクトしたのは、アーティチョークとお肉。

Dsc07339001

Dsc07341001_3



アーティチョークを少しもらいましたが、これまた美味しかったです。

デザートは、選択不可。

ホームメイドビスコッティーが出てきます。

Dsc07342001


甘さ控えめで、日本人好みの味でした。

コーヒーを注文し、税金・チップ込みで$49。

ランチにしては高めですが、価格相応のお味に大満足でした。




それにしても、最近食べてばかり・・・

もうそろそろ自制しないと、懐具合も体重具合もヤバイことになりそうですgawk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bubby's

トライベッカにある「Bubby's」(http://bubbys.com/bubbys-tribeca/)に行ってきました。

「地球の歩き方」に、

『有名人に人気の店』

とあり気になったので、友達を誘ってのランチ。

横浜や六本木にも支店がありますが、メニューは本家NYのほうが充実しているようです。


私はターキーサンドを注文。

Dsc07328


友達が注文したハンバーガー。

Dsc07330001


こちらはパンケーキ。

Dsc07329001



こってり命の私的には、ターキーサンドはあっさりしすぎている感じでした。

パンケーキを少しもらいましたが、こちらは美味しい!!

たかがパンケーキ、されどパンケーキって感じです。

ブルーベリージャムも美味しいし、何よりパンケーキの食感が最高delicious

パンケーキのくせに$17ってのも納得です。

(サンドもハンバーガーも同じ値段)



Bubby'sのように、支店が日本にあるレストランは、結構たくさんあります。

例えば、Joe's Shanghai。

こちらでは、やや汚い感じの安くて美味しい中華レストラン。

今は、ソフトシェルクラブ(脱皮直後のカニ)が旬です。

Dsc07327

(何気に、この前行ってきたばかり。)

NYから帰国した方が日本のJoe's Shanghaiに行ってみたら、高級店なイメージでNYのお店とは雰囲気が全然違ったらしいです。


ほかにもグランドセントラル駅にあるオイスターバー。

オイスターはもちろん、魚介が美味しいです。

カキフライ。

Dsc07294

イカフライ。

Dsc07295_2

ホタテフライ。

Dsc07298_3

(またまた、何気に、この前行ってきたばかり。ってか、見事なまでのフライ攻め。)

品川や東京駅の近くに支店があります。

が、メニューはNYのほうが豊富です。

メニューを見るだけで、疲れる・・・

Dsc07291

こんなにたくさんメニューがありますが、これ日替わりで作成されてます。

Dsc07292_4



以前は、「日本にもあるなら、行かなくてもいいや。」と思っていましたが、メニューも違うだろうし、何より帰国したら食べ比べてみる、なんてのも楽しいかな?と思いはじめました。

体重増加が気になりますが、なかなかできないアメリカと日本の食べ比べに向け、もう少しいろんなレストランに行ってみたいですsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Del Post

高級イタリアンレストラン「Del Post」(http://www.delposto.com/home.htm)に行ってきました。

有名ブロガーさんの記事によると、シェフは「アメリカ版料理の鉄人でおなじみのマリオ・パタリ」とのこと。

もちろん、そんな名前聞いたこともないけど・・・gawk


予約時間はランチタイム終了間際の14時でしたが、店内にはたくさんのお客さんがいました。

高級イタリアンだけあって、店内は重厚感あふれる豪華な雰囲気。

なんだか身の丈に合っていないような気がしてドキドキします。


ランチ限定のプリフィックスメニュー$39を注文。

まずはコースに含まれているスープなど(説明が英語なのでわからん)

Dsc07242


前菜のVitello Tonnato

Dsc07246001

メニューを見てもさっぱりわからなかったので、適当に注文した一品。

あとで調べてみたら仔牛のツナソースとのこと。

直感で選んだ割には、美味しかったです。


メインのラム

Dsc07249

口の中に入れるとホロホロと崩れていくような柔らかさ。


デザートのChocolate Ricotta TORTINO

Dsc07254

メニューが多すぎて何にするか迷いましたが無難なものをチョイス。

チョコレートもアイスも美味しい。


一緒に行った友人は前菜をロブスター、メインをビーフにしてました。

ビーフを少しもらいましたが、リブアイにしてはパサッとした感じ。

焼き加減をミディアムにしたせいもあると思いますが、ちょっと硬かったです。


デザートとともにコーヒーを堪能して、豪華ランチは終了。

お会計をお願いし、運ばれてきた明細をチェックしてみると・・・


・・・・・・・・・?


合計$206sign03



3人で行ったので、「$39のコース+$4コーヒー」を単純に3倍すると$129。

なぜ$206!?

焦りつつ明細をよく見てみると・・・


なんとsign03sign03

ロブスターはプラス$10

ビーフはプラス$20


の別料金がsweat01

結果、一緒に行った友達ふたりは税金・チップを含め$90という『超』高級ランチになってしまいました。

ちなみに、私は$54。

メニューを見ているときに、

ロブスターについては「10 supp」

ビーフについては「20 supp」

と書いてあったので、「あれ?これってプラスでお金がかかるんじゃない?」と言いましたが、友人の「料理の量だよ、きっと」という一言により、そのままうやむやになったことがアダとなりました。笑(←当人たちにしたら笑いごとじゃないcoldsweats01

帰り道、この事件をご主人様に話すか話さないか迷う友達。

ランチの前にトリバーチのセールで$400以上使っているため、言いにくい様子でした。笑(←だから、笑いごとじゃないって?)

後日、ご主人様に打ち明けたか聞いてみると、ちゃんと申告したとのことです。


「英語ができなくても問題ないよー」なんて口癖のように言ってますが、英語ができないとこーゆーことになったりするのねぇ。。。(←どこか他人事。笑←どうしても笑ってしまう・・・)

友達2人にとっては思わぬ『超』高級ランチになってしまいましたが、NYでの思い出がひとつ増えましたsmile(←最後まで、半笑い)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アフタヌーンティー

先日、「Bosie」(ttp://bosienyc.com/)というティーパーラーに行ってきました。

こじんまりとしたお店ですが、落ち着いていて雰囲気もよかったです。

Dsc07221001




ちょうどお昼だったので、アフタヌーンティーのセットを注文しました。

Dsc07224001

紅茶やサンドウィッチ、マカロンは好きなものを選べます。

ティーパーラーというだけあって、紅茶の種類が多く、選ぶのにも一苦労。

お値段は$27(チップ込で$35くらい)とかなりお高め。

ですが、スウィーツは激ウマです。

噂によるとこちらのパティシエはフランスの有名店にいた方とか・・・


ちょっと贅沢なランチですが、たまにはこんなとこに来るのもいいかもーcatface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近場のレストラン

週末、トルコ料理とベトナム料理のレストランに行ってきました。

トルコ料理「Le Vant」(http://www.levantgrille.com/

ベトナム料理「Nha Trang Place」(249 Newark Ave,Jersey City, NJ 07302)


トルコ料理は、ハーブやフムスをふんだんに使ったサンドと煮込み料理。

Imag02101

Imag02131_5



そして定番のケバブ。

Imag02121

普段、使わない香辛料が入っている感じ。

それが良いアクセントになって、美味しかったです。



こちらは、ベトナム料理のフォーと春巻き。

Dsc07123

Dsc07125_2


Dsc07126

フォーは大きなどんぶり&具だくさんにもかかわらず、$7前後。

胃にも家計にも優しいのが嬉しいsmile


どちらのレストランも家から車で20分程度のところにあります。

ほかにも、韓国料理やタイ料理、コロンビア料理など、車でちょっと走れば、世界各国の料理が食べられます。

いろんな国の人がいるからレストランの種類も多いのかな?

日本では、相当な都会に住まないとこんな環境にならないような・・・

滞在期間が進むにつれて、当たり前になっていることだけど、改めて考えると恵まれた環境に感謝してなくは、と思います。


最近は、花粉予防に購入した鼻栓の出番がない日々が続いています。

外出するのも楽になってきたので、少々面倒ですがレストランの新規開拓にチャレンジしてみようかなぁと考え中です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Bouley

有名レストラン「Bouley」(http://www.davidbouley.com/)に行ってきました。

ミシュランの星がついている、フレンチのお店です。

2・3年前まではランチが$38程度と、ギリギリ許容範囲内でしたが、最近はテイスティングコース(味見のためのメニューってことか??)が$55とかなりお高め。

これに、ドリンクや税金チップが入ると$80くらい。

た・・・たかいshock

高級店が苦手の私。

清水の舞台から飛び降りるような覚悟で行って参りました。


ドレスコードもあって、予約確認の電話では「男性はジャケットを着用してください」との注意が。

さすが、高級店。

(旦那は「ジャケット」なるものを持っていないので、祝日なのにスーツというかわいそうな状況でした・・・coldsweats01

Dsc06782001

面白いのは、ジャケットまで着用必須という、それなりのレストランなのに、店員さんはお客さん相手にギャグを飛ばして笑わせたり、

鼻歌混じりで料理を運んだり。

さすが自由の国アメリカって感じです。

メニューはいろいろありましたが、当然のことながらお得なテイスティングコースを注文。

基本は前菜・メイン・デザートを選ぶのですが、そのほかにもちょこちょこオマケみたいな料理が出てきました。

まずは、アミューズのトマトのスープ。

チーズがのっていて、一緒に食べると激ウマ。

Dsc06767001


次にアスパラのロースト。

アスパラ自体は別段取り柄のない感じでしたが、チーズとバジルのソースが相性良かったです。

Dsc06768001_3


こちらは、旦那が注文したカンパチのカルパッチョ。

Dsc06769001_5


2品目はポルチーニのフラン。

いろんな方のブログで美味しいと絶賛されていましたが、確かに美味しい。

ポルチーニと魚介のだしが美味!

Dsc06771001_8


メインはダックのロースト。

柔らかくて、美味しい!付け合せのマッシュポテトも激ウマです。

Dsc06772001_5


そして、ここからはデザート攻め。

Dsc06775001_3

Dsc06776001_5

Dsc06781001

ソルベもホットチョコレートも美味しかったです。

これでもか!!という感じのデザート攻撃。

最後の一撃はこちら。

Dsc06783001



腹十分目まで食べた感じでした。

って、原因はこれにもあるんだけどね・・・

Dsc06786001_2


こちらのパンカート。(正式名称ではない)

6種類くらいのパンがのっていて、好きなものを選べます。

パン好き&タダのものは、なるべく多く!!精神旺盛の私は、5種類のパンを食べてしまいました。

これでお腹いっぱいになったのでは・・・?と薄々思ってますcoldsweats01

帰りにはレモンケーキのお土産までいただきました。

気軽に行けるお店ではありませんが、気に入りました~

帰国前にもう1回行きたいな・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Blue Hill at Stone Barns

高級レストランには興味がない私でも一度は行ってみたいと思っていた「Blue Hill at Stone Barns」(http://www.bluehillfarm.com/food/blue-hill-stone-barns)に行ってきました。

「オバマ大統領も度々訪れる名店」

「メニューは自分で選べない」

「2回目以降の利用の際に、同じメニューは決して提供しない」

「土のついた料理が出てくる」

など噂はいろいろ。(全部、ホントらしいけど)

予約も2ヶ月先までいっぱいだとか。(実際、かなり前に予約しました)

レストランの人気は、素材の新鮮さにあるらしいです。

農場が併設されていて、家畜がいたり畑があったりします。

Dsc06757001

Dsc06759002


マンハッタンにも店舗はありますが、農場の中にあるレストランのほうがいいでしょ~ってことで、家から車で1時間弱のウエストチェスターまで行ってきました。

予約の時間より早く着いたので、まずはカフェへ。

Dsc06740002


パンやジャム、飲み物などが買えて、屋外のテーブルで食べることができます。

Dsc06742002


12時前には、パンも豊富にありましたが、食事が終わって2時くらいに覗いてみると、ほとんど品切れでした。

農場を見学しつつ軽く食事、というような利用方法もいいかも。



さてさて、予約時間が迫ってきたため、いざレストランへ。

Dsc06743001


さすがの人気店だけあって店内の装飾も凝っています。

Dsc06745002


メニューは噂どおり、コースのみ。

しかも、コース内容は選べません。選べるのは何品のコースにするかってことだけ。

私たちは、4品のコースを注文しました。

お値段$88。

高っcoldsweats02

4品と言っても、少しずつ運ばれてくるので、どこからどこまでが何品目なのかさっぱりわかりませんでした。

実際の料理はこんな感じ。

(以降、料理については主観で説明。

店員さんの英語がわからず、メニューが理解できませんでしたcoldsweats01

しかも、何の野菜だかわからないものも・・・)


スープ的なもの。

何のスープかは不明。笑

Dsc06747001


野菜チップ的なもの。(が、木にひっかかっているもの)

Dsc06748002


ジャガイモをベーコンで巻いたようなもの。

Dsc06749001

どなたかのブログではトマトバーガーとあり。

Dsc06751002


ビーツのサラダ的なもの。

Dsc06752001


人参をグリルしたもの。

Dsc06753002


このメニューが運ばれてくる前に、店員さんがわざわざ生の人参を持ってきて、「これをグリルします。」のような説明をしてくれました。

わざわざ説明 = かなり重要な一品

ということで、現段階で何品目の品か理解できていない我々は、「もしや人参がメインなんじゃ?」と変な緊張感に襲われました。

一瞬、「人参メイン説」が浮上するも、無事にメインのポークが登場。

3種類の部位が盛り付けてありました。

Dsc06754001


洋ナシのデザート。

Dsc06756002



こうやって振り返ってみると、わりとまともなメニューだったような・・・

周りのテーブルには、土に埋もれた野菜や、ピックにさしただけの野菜が運ばれていたのでcoldsweats01

決して安くない値段ですが、メインのポークは美味しかったし、野菜もすごく凝った味付けだったり、ソースがめちゃくちゃ美味しかったりで、大満足でした。

何より、次に何が出てくるかわからないドキドキ感がたまらないhappy02

高級店はあまり好きではありませんが、ここならもう1回行ってみたい!と思いました。

次、行ったら土に埋もれた野菜が出てくるか?笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ミートボール

昨日は、ブルックリンにあるミートボール専門のレストランに行ってきました。

その名も「THE MEATBALL SHOP」 (http://www.themeatballshop.com/)。

(ズバリ!!のネーミングねsweat02

マンハッタンにも店舗があるのですが、ランチ後は友達の家でダラダラしようということになっていたので、ブルックリンへ。

専門店だけあって、ミートボールやソースの種類を自由に選べます。

適当な種類を注文し、みんなでシェアしました。

Dsc066571


ミートボール、ソースはもちろん、サイドも美味しかったです。

人気店のようで、13時頃には、ほぼ満席でした。


それにしても、さすがブルックリン。

お客さんが、みんなイケてる。

ミッドタウンやNJでは、


パジャマじゃないか?と思われるレベルのスウェット姿の人や、

ヤンキースのトレーナーの人、

毛玉だらけのコートを着た人、


がウロウロしてます。


しかし、このレストランには、おしゃれさんがわんさか。

さすが、おしゃれの街です。


さて、先週から始めた脂肪燃焼スープダイエット。

こんな風に、ランチに行ったりしていたら、あれよあれよと言う間に元通りgawk

スレンダーボディーへの道のりは険しいものです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧