« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

花粉症

日本でも1年のうち2・3日鼻がムズムズする日がありましたが、

春先はマスクが手放せない!!

というようなことはなく、体調によって花粉に反応するときがあるのかなぁ?と思う程度でした。

しかし、ついに私も仲間入りしてしまったようですcrying

10日くらい前から、くしゃみ・鼻づまり・鼻水に悩まされています。


アメリカ生活が長い友達によると、

「人にはそれぞれ花粉の許容量があり、それを超えると花粉症を発症する」

のだそう。

NY近辺に杉はないので、春先は楓などが原因らしいです。

日本では花粉症でなかった人も、渡米後2・3年すると花粉の許容量を超えたため発症する人が多いとのこと。

へぇ。。。

ってなわけで、日々花粉と戦っているわけですが、困ったことに外出時にマスクを着用できません!!

他人の目は気にしないアメリカ人でもマスクをしている人はひとりもいません。

マスクをしてたら、ものすごい病原菌を持っているか、犯罪者か、ってレベルらしいです。


そこで、思いついたのがコレっ!!

Dsc06922001




わかります?

Dsc06923001




ほら、ほら。

Dsc06924001




じゃじゃーーんsign03

Dsc06912001

(お見苦しい画像で申し訳ございませんsweat02




ずばり「鼻栓」です。

こちらの商品「Nosk」。

Dsc06931




Dsc06930_3


アメリカのサイトで購入しました。

日本でも鼻栓は販売されているようですが、ほぼ使い捨て。

ところがこちらの商品は洗って再利用可能。

10個入りで$17。

日本のサイトでは同じものが2個で1500円くらいだったので、かなりお得!

3層構造で花粉をシャットアウトしてくれるらしいです。

でも、案外目立ちますよね?

鼻の下のシリコン・・・

これで、バスに乗る。

これで、地下鉄に乗る。

微妙すぎるcoldsweats01

とりあえずは、車を運転するときにでも使ってみることにします。


明日からは、カリブ海へ6日間の旅行。

しばらくは、つらーい花粉症ともお別れです。

帰ってくる頃には花粉が治まってる、なんてことないかなぁcoldsweats01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

シャドウボックス

友達と一緒に作っていたシャドウボックス。

やっと完成しました。

Dsc06901001_2

費やした期間は3ヶ月。

作成も目的だけど、ごはん食べたりお茶したり、手が止まってる時間が多かったせいで、随分長くかかってしまいました。

遠目で見るとわかりにくいですが、ちゃんと立体的になるようカードを重ねています。

Dsc06902001_3


プーさんのおしりがカワイイlovely


次回の趣味の会では、「スパイスボード」なるものを作る予定。

これまた、何ヶ月かかるかわかりませんが、気長に楽しみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪夢再び

やってしまった・・・

渡米当初の悪夢再来です・・・

花粉症を発症したらしく、くしゃみが出るのか出ないのか・・・出るのか・・・

と思っていたら・・・



ゴゴォォーーーーーーーーーーー。


という聞き覚えのある音が・・・

この感じは・・・

まさか・・・


黄色が増えましたgawk

Dsc06898


こすったのは前回と同じ場所で、車の右側にあるデカイ柱。

(写真右がうちの車)

Dsc06900001


年齢のせいか、アメリカの文化が私を変えたのか、前回とは比べものにならないほど冷静に対処できました。

前回は、前にも後ろにも動かせず、ぶつかったままの状態で旦那が帰宅するまで放置。

しかし、今回は「やっちまったか?!」と思いつつも、「まぁいいか」とためらうことなく前進。

バックしときゃぁ、黄色い変色が少なかったのかもしれないけど、後の祭り。


帰国して買う車は、おんぼろ中古に決定ですcoldsweats01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

NBA

バスケ観戦に行ってきました。

相手は弱小チームのネッツ。

試合自体は終始ニックス優勢で、「白熱!!」って感じではなかったけれど大興奮しました。

だって、めちゃくちゃコートに近い席なんだもーーんhappy02

Dsc06859001




何せ最前列から6番目。VIP席のすぐ後ろ。

目の前でNBA選手が見られるなんて幸せ極まりない。

いつもは見下ろしてるスクリーンも、見上げないと目に入ってきません。

Dsc06856


超贅沢shine

と言っても、この席は我が夫の努力により$48で購入したもの。

何でも、チケット売買のサイトで格安で売りに出ていたのを、いち早く発見し購入したとのこと。

しかも、合計4枚購入して2枚について$270で売りに出し、計$540の黒字をたたき出すという素晴らしい成果を収めました


親から預かったお金の運用に失敗した旦那。

東電の株で大損している旦那。

たまには、こんなラッキーなこともないとね。

次の観戦は、プレイオフ。

まだ、順位の確定ならず、どのチームと対戦するかわかりませんが、白熱した試合を期待してます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Bouley

有名レストラン「Bouley」(http://www.davidbouley.com/)に行ってきました。

ミシュランの星がついている、フレンチのお店です。

2・3年前まではランチが$38程度と、ギリギリ許容範囲内でしたが、最近はテイスティングコース(味見のためのメニューってことか??)が$55とかなりお高め。

これに、ドリンクや税金チップが入ると$80くらい。

た・・・たかいshock

高級店が苦手の私。

清水の舞台から飛び降りるような覚悟で行って参りました。


ドレスコードもあって、予約確認の電話では「男性はジャケットを着用してください」との注意が。

さすが、高級店。

(旦那は「ジャケット」なるものを持っていないので、祝日なのにスーツというかわいそうな状況でした・・・coldsweats01

Dsc06782001

面白いのは、ジャケットまで着用必須という、それなりのレストランなのに、店員さんはお客さん相手にギャグを飛ばして笑わせたり、

鼻歌混じりで料理を運んだり。

さすが自由の国アメリカって感じです。

メニューはいろいろありましたが、当然のことながらお得なテイスティングコースを注文。

基本は前菜・メイン・デザートを選ぶのですが、そのほかにもちょこちょこオマケみたいな料理が出てきました。

まずは、アミューズのトマトのスープ。

チーズがのっていて、一緒に食べると激ウマ。

Dsc06767001


次にアスパラのロースト。

アスパラ自体は別段取り柄のない感じでしたが、チーズとバジルのソースが相性良かったです。

Dsc06768001_3


こちらは、旦那が注文したカンパチのカルパッチョ。

Dsc06769001_5


2品目はポルチーニのフラン。

いろんな方のブログで美味しいと絶賛されていましたが、確かに美味しい。

ポルチーニと魚介のだしが美味!

Dsc06771001_8


メインはダックのロースト。

柔らかくて、美味しい!付け合せのマッシュポテトも激ウマです。

Dsc06772001_5


そして、ここからはデザート攻め。

Dsc06775001_3

Dsc06776001_5

Dsc06781001

ソルベもホットチョコレートも美味しかったです。

これでもか!!という感じのデザート攻撃。

最後の一撃はこちら。

Dsc06783001



腹十分目まで食べた感じでした。

って、原因はこれにもあるんだけどね・・・

Dsc06786001_2


こちらのパンカート。(正式名称ではない)

6種類くらいのパンがのっていて、好きなものを選べます。

パン好き&タダのものは、なるべく多く!!精神旺盛の私は、5種類のパンを食べてしまいました。

これでお腹いっぱいになったのでは・・・?と薄々思ってますcoldsweats01

帰りにはレモンケーキのお土産までいただきました。

気軽に行けるお店ではありませんが、気に入りました~

帰国前にもう1回行きたいな・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

プリンストン

家から車で1時間のところにあるプリンストン大学に行ってきました。

この大学は、ハーバード大学・イエール大学と並ぶ高レベルの学校。

ハーバードとイエールには行きましたが、一番近場のプリンストンはまだだったので、ドライブがてら見学。

街並みがキレイと評判ですが、確かに明るい雰囲気で、とてもきれいです。

Dsc06804001


校舎も大学とは思えない造り。

Dsc06798001

Dsc06797001

Dsc06800001


学校に面した通りを散策していると、行列ができているお店を発見。

Dsc06801001


「美味しいに違いない!」ってことで、ランチはこのお店に決定。

「PJ’s Pancake House」(http://www.pjspancakes.com/)。

30分ほど並んで店内へ。

Dsc06802001

みんなパンケーキを食べているので、私たちもパンケーキを注文。

運ばれてきたのは、ごくごく普通のホットケーキ。

Dsc06803001

味もごくごく普通でした。

写真のパンケーキで$11くらいなので、決して安わけでもなく・・・

正直、行列ができている理由がわかりませんでしたcoldsweats01

まぁ、そんなことも一興ってことで。


新緑がきれいなこれからの季節。

近郊へのドライブには良い時期です。

来週はどこ行こ?smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オペラ

ずっと避けていたメトロポリタンオペラに行ってきました。

Dsc06762001


NYのガイドブックを読むと必ず載っているオペラ鑑賞。

「NYに来たら必ず観るべし!」とか、

「メトロポリタンオペラは世界最高峰のひとつ!!」などなど、

そりゃぁ、もう「これでもかっ!!」ってくらい絶賛されています。

だけど、ちっともやる気が起きずに過ぎた2年半。

そもそも、「しっとり」とか「豪華」とか「華麗」とかいったものは性に合いません・・・

特に、最後がハッピーエンドじゃない映画や舞台は大嫌い。

さらに、オペラはイタリア語なので、座席の前に表示される英語を読まなきゃいけません。


もはや拷問でしょgawk


そんな拷問でも、日本じゃ観ないだろうから・・・と自分に言い聞かせました。

とは言え、定価で行く気はサラサラなく・・・

入手したのはラッシュチケット。

ミュージカルと同様、開演の数時間前に売り出される格安チケットです。

6時発売だったので、5時過ぎに会場に着くと、既に20人くらいの行列。

時間とともに列は長くなり、発売時間には、かなりの人数が並んでいました。

通常、$170するチケットが$20sign01

そりゃぁ、並ぶよね。

しかも、席は一階席の真ん中くらい。(端っこだけど)

5階席まであるので、かなり良い席です。

Dsc06765001


夕食を済ませ、いざ拷問タイム・・・

違うかcoldsweats01 鑑賞タイムです。

実際、始まってみると、字幕が出るのでミュージカルを理解するより楽。

あらすじも予習していったので、かなり理解できました。

オペラと言うだけあって歌はすごいです。

音楽も良いし、案外、退屈しませんでした。

今回は「マクベス」を鑑賞したのですが、意外だったのは衣装。

豪華なドレスやきらびやかな装飾品をイメージしていましたが、ふつうのスーツやワンピースなどがほとんどでした。


「隣で寝ていても、見て見ぬふりをしてくれ」

と夫に言っておきましたが、眠くなることはありませんでした。

とは言え、まぁ、1回観ればもういいかな、

という感じです。

途中、何人も殺されるし、最後には主人公も死んじゃうし・・・

舞台自体も、全体的に暗くて、陰気な感じだし・・・(って悲劇なんだから当たり前だけど)

やっぱり演じる世界くらいは、みんなが幸せになれるハッピーエンドがいいですcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Blue Hill at Stone Barns

高級レストランには興味がない私でも一度は行ってみたいと思っていた「Blue Hill at Stone Barns」(http://www.bluehillfarm.com/food/blue-hill-stone-barns)に行ってきました。

「オバマ大統領も度々訪れる名店」

「メニューは自分で選べない」

「2回目以降の利用の際に、同じメニューは決して提供しない」

「土のついた料理が出てくる」

など噂はいろいろ。(全部、ホントらしいけど)

予約も2ヶ月先までいっぱいだとか。(実際、かなり前に予約しました)

レストランの人気は、素材の新鮮さにあるらしいです。

農場が併設されていて、家畜がいたり畑があったりします。

Dsc06757001

Dsc06759002


マンハッタンにも店舗はありますが、農場の中にあるレストランのほうがいいでしょ~ってことで、家から車で1時間弱のウエストチェスターまで行ってきました。

予約の時間より早く着いたので、まずはカフェへ。

Dsc06740002


パンやジャム、飲み物などが買えて、屋外のテーブルで食べることができます。

Dsc06742002


12時前には、パンも豊富にありましたが、食事が終わって2時くらいに覗いてみると、ほとんど品切れでした。

農場を見学しつつ軽く食事、というような利用方法もいいかも。



さてさて、予約時間が迫ってきたため、いざレストランへ。

Dsc06743001


さすがの人気店だけあって店内の装飾も凝っています。

Dsc06745002


メニューは噂どおり、コースのみ。

しかも、コース内容は選べません。選べるのは何品のコースにするかってことだけ。

私たちは、4品のコースを注文しました。

お値段$88。

高っcoldsweats02

4品と言っても、少しずつ運ばれてくるので、どこからどこまでが何品目なのかさっぱりわかりませんでした。

実際の料理はこんな感じ。

(以降、料理については主観で説明。

店員さんの英語がわからず、メニューが理解できませんでしたcoldsweats01

しかも、何の野菜だかわからないものも・・・)


スープ的なもの。

何のスープかは不明。笑

Dsc06747001


野菜チップ的なもの。(が、木にひっかかっているもの)

Dsc06748002


ジャガイモをベーコンで巻いたようなもの。

Dsc06749001

どなたかのブログではトマトバーガーとあり。

Dsc06751002


ビーツのサラダ的なもの。

Dsc06752001


人参をグリルしたもの。

Dsc06753002


このメニューが運ばれてくる前に、店員さんがわざわざ生の人参を持ってきて、「これをグリルします。」のような説明をしてくれました。

わざわざ説明 = かなり重要な一品

ということで、現段階で何品目の品か理解できていない我々は、「もしや人参がメインなんじゃ?」と変な緊張感に襲われました。

一瞬、「人参メイン説」が浮上するも、無事にメインのポークが登場。

3種類の部位が盛り付けてありました。

Dsc06754001


洋ナシのデザート。

Dsc06756002



こうやって振り返ってみると、わりとまともなメニューだったような・・・

周りのテーブルには、土に埋もれた野菜や、ピックにさしただけの野菜が運ばれていたのでcoldsweats01

決して安くない値段ですが、メインのポークは美味しかったし、野菜もすごく凝った味付けだったり、ソースがめちゃくちゃ美味しかったりで、大満足でした。

何より、次に何が出てくるかわからないドキドキ感がたまらないhappy02

高級店はあまり好きではありませんが、ここならもう1回行ってみたい!と思いました。

次、行ったら土に埋もれた野菜が出てくるか?笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »