« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

NBA開幕

今期のNBAは、労使交渉の決裂で開幕がかなり遅れました。

交渉自体が打ち切りになった期間もあり、今シーズンは開幕しないかも・・・とヒヤヒヤしていましたが、12月25日無事に開幕。

と言っても、試合数は減ってしまったので、観戦のチャンスも少なくなります。

その影響からか、ニックス戦のチケットは高騰shock

タイソン・チャンドラーも移籍してきたし、これからガンガン高値になるかも。

それでも、開幕戦は絶対観たい!ってことで、行ってきましたニックス初戦。


相手はボストン。

かなり盛り上がりました。

初日ということで、会場ではイベントも開催されていました。

Dsc06502

(帽子やタオル、Tシャツが無料配布)


引退した選手によるサイン会。

Dsc06508

Dsc06512

(サインもらって、喜ぶ夫。)

旦那によると、めちゃくちゃ有名な人もいたそうです。


試合開始前の盛り上げ方もすごいsign03(だいぶピンボケだけど・・・)

観客はテンションMAX状態up

応援もすごかったです。

試合自体もかなり見ごたえのある内容。

しかも、試合終了間近のナイスプレイによりニックスの勝利shine

(バスケは、最後1分くらい僅差で競っているのが、めちゃくちゃ面白いのです。)



今回のチケットはひとり$160。高っcoldsweats02

えらく高い値段だけど、それだけの価値がある試合でした。

次回の観戦予定は1月のボブキャッツ戦。

今から、楽しみですnote

(しかし、駐妻らしくないブログだな。バスケ部の中学みたいな内容だ・・・)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

友人宅でのひとこま

日本では友達の家に行くことって、ほとんどありませんでした。

でも、こちらでは誰かの家にお邪魔してばかり。

だって、何だか友達の家って、とっても心地良いから・・・coldsweats01

どうして自分の家より、他人の家のほうが良いのかな?

これまでも、誰かの家に行くたびに、「あー友達の家って居心地良い~」を連呼してました。

でも、独り言のようなものなので、誰にも触れられず流され続けたある日。

いつものごとく、友人宅にお邪魔しダラダラしていたら、自然と「あー友達の家って居心地良い~」の言葉が出てしまいました。

そのとき。

ずっと、誰も受け止めてくれなかった言葉にコメントが。


「そりゃぁ、他人の家なら何もしなくていいじゃない。

自分の家だと、いろいろ目について、落ち着かないのよ。

あれもしなきゃ、これもしなきゃ、ってね。だから、他人の家は居心地良いのよ。」

ですってcoldsweats02

確かに。

今まで、自分でも理由がわからなかったことが、こんなにもあっさり解決するとは。

やはり、人生の先輩は違うぜhappy02


私の謎をあっけなく解いてくれたのは、60歳の友達。(私は35歳)

「60歳の人と友達?!」と思うかもしれないけど、こうやって一緒に友達の家にお邪魔したり、バーゲンに行ったり、2時間近くお茶したりします。

完全に友達でしょ?

こちらでは、友達に年齢は関係ありません。

20代のピチピチ女子から、お子様が私と同年代の方まで様々。

違う世代の友達との会話は幅が広がって、とっても楽しいです。


友達の意味をgoo辞書で調べてみたら、

「互いに心を許しあって、対等に交わってる人。一緒に遊んだり、しゃべったりする親しい人」

だそうな。

友達に年齢の壁はなし。

アメリカ生活で得た気付きのひとつですhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Babbo

マンハッタンのイタリアンレストラン「Babbo」(http://babbonyc.com/restaurant.html)に行ってきました。

このレストラン、ものすごく人気があるので、予約を取るのが大変です。

クリスマスディーナーのために、夫が予約してくれたのは1ヶ月も前の話。

1ヶ月前・・・

それは、ちょうど歯痛に襲われ始めた頃。

さすがに1ヶ月もすれば治ると思った歯痛が治らず・・・crying

かと言って、せっかくの予約をキャンセルするのはもったいない。

ということで、決死の覚悟で行ってきました。


とりあえずは、歯のことは考慮せずに注文coldsweats01

タコのグリル

Dsc06485


アマトリチャーナ

Dsc06491


ボロネーゼ

Dsc06489


メインは牛タンとリブアイのグリル

Dsc06501

Dsc06500


どれもこれも美味しかったです。

パスタはしっかりアルデンテ。

前菜のタコとメイン2品は、すごーーーく柔らかいので歯痛なんて何のそのhappy02

牛タンは、厚さ1.5センチくらいありましたが、とろけるような感じでした。

歯が痛くても美味しいものは美味しい!!

でも、やっぱり完全なる状態のときのほうが、いいよなぁ。。。

さすがに、1ヶ月先まで歯が治ってないってことはないだろうから、また予約してもらいたいなsmile



そういえば、歯痛でジュースがうまく飲めず、ストローをお願いしました。(なぜか、最初からストローはついていません。)

そしたら、これが運ばれてきました。

↓ ↓ ↓

Dsc06483

グリッシーニです。

夫が「ストローください」と言いつつ、手でストローの形を表現したからか・・・

はたまた、彼の発音によるところか・・・

真相はわかりませんが、これもすごーーーく美味しかったです。(しかも、タダshine

英語ができないからこそ、得することもありnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯痛

この1ヶ月間、歯痛に悩まされています。

最初の治療では、大した虫歯ではないので、ちょこっと治療しただけでした。

しかし、しばらくすると激痛に襲われ、「神経を抜くしかない」との判断に。

泣く泣く神経を抜き、これで痛みともお別れhappy02

と思ったのも、つかの間。

先日、歯医者に行き、ごちゃごちゃイジられた結果、再び激痛がshock

一睡もできない日が2日。

硬いものも食べられず、腫れた頬を冷やすためサロンパスを貼っていたら、見事にかぶれ・・・

最悪の日々。

でも、不幸中の幸いも。

眠れない疲れと食べられないことで、体重が激減。

3キロの減量に成功shine


アメリカの歯科技術は日本よりも進んでるっていうけど、本当なのかな?

確かに病院の設備は良いけど、技術はそんなに変わらないような・・・

まぁ、歯にこだわる国だから、矯正とか詰め物のクラウンが当たり前だけど。

治療のときも、日本と同じようなことしてるし・・・

どうも、歯科医が信じられん。


あ~この痛みどうにかしてくれ~sweat01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

クリスマス・ビレッジ

「クリスマス・ビレッジ」(http://www.koziarschristmasvillage.com/home.html)という、イルミネーションで有名な町に行ってきました。

イルミネーションの始まりは1948年。

個人のお家でクリスマスの飾りつけをしたことがきっかけとのこと。

年を追うごとに、豪華になっていったようです。


大型バスもくるほどの観光地になっているだけのことはあります。

町が目に入った途端、その規模に驚きsign03

C0061496_88271001

その一角だけが、別世界のようです。


入場料はひとり$8。(ドでかいフリーパーキングあり)

敷地内には、イルミネーションのほか、小屋があってその中にクリスマスをモチーフにした飾りつけもあります。

Dsc06457

正直、この小屋の完成度はイマイチかも

それでも、輝くイルミネーションの中、クリスマスの音楽をバックに歩くのは楽しいです。

Dsc06441

Dsc06444

Dsc06446

会場内には、軽食屋・お土産屋なんかもあります。

Dsc06461

1時間ほどかけて散策後、帰路につきました。(散策ってほど広い敷地じゃないけど・・・)

すると、こちらへ向かう道はものすごーい渋滞。

到着時間が少し遅れていたら、大変なことになっていましたsweat01



日本にも、個人のお家で飾りつけをしている有名な場所があったはず。

大都市のイルミネーションもいいけど、住宅街や田舎にあるとこも見てみたくなりました。

帰国したら、どこかに行ってみようhappy01

| | コメント (5) | トラックバック (0)

アメリカ歯医者事情

最近、歯が痛くて病院に行ってきました。

メンテナンスや治療やらで、渡米後ずっと行っているんだけど、こちらの歯医者は日本と全然違います。

まず、治療費。

日本では保険がきくので、初診でも数千円。

神経治療したって、せいぜい五千円前後くらいだったような。

ところが、アメリカには公的保険がないため、民間保険に加入せず神経治療すると$1000超えは当たり前。

貧乏人は虫歯になれないよ・・・


次に、その設備。

高額になるのは、設備投資からもきてるんじゃないか?っていうくらいの待遇。

治療は全て個室でテレビつき。

椅子にはマッサージ機能。

レントゲンは治療の椅子に座ったまま。別室に移動する必要はありません。

更に待合室には、こんなものまで。

Photo

でかいテレビとともに、ちょっとしたカフェスペースが。

各種ドリンク飲み放題です。

もったいない精神旺盛の私は、治療直後だというのに甘~いカフェオレなんかを2杯も飲んじゃいます。笑

(虫歯治療の直後から、次なる虫歯を作ろうという歯医者の作戦か?)


豪華設備は魅力的だけど、やっぱり健康保険がきく日本の歯医者のほうがいいわね。。

普段は当たり前と思ってる日本の健康保険に改めて感謝ですsweat02

ちなみに、私は夫の会社で加入している保険が適用されるので、貧乏人ですが何とか治療費を支払えます。

更に、アメリカで治療した場合も日本の健康保険の対象となるので、更に自己負担額は少なくなります。

毎回、$1000支払っているわけではないので、ご安心くださいませcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

プリザ最終レッスン

昨日は、プリザのレッスンでした

9月にディプロマを取得し、久しぶりのレッスンは講師会。

作成したのは、アーティフィシャルフラワーを使用したキャスケードと新花材を用いた冬らしいアレンジです。

Dsc06428

Dsc06423


これまではバラを中心にアジサイ、カーネーションと扱いやすい花材を利用していました。

しかし、今回はジャスミンやカラーなど繊細な花材をアレンジ。

とにかく傷つきやすいので、慎重に扱わなくてはなりません。

アレンジ中は細心の注意を払っていたので、何事も起こりませんでした。

が、気が抜けた帰り道・・・・

仕上がった作品を入れた紙袋とカラーが接触し、花の先が折れてしまいましたcrying

かなり注意していたので、触ったのはほんの少しだと思います。

それでも、傷ついてしまうのねぇぇshock

ガサツな私にはいつもの花材のほうが合っているのか・・・sweat02



1年半前から通っているプリザのレッスン。

長期間、継続してきたレッスンが終了したことで、アメリカ生活自体も終盤にかかっているように感じました。

渡米当初は何かを新しく始めることばかり考えていましたが、もうそろそろ締めくくりを考えなきゃいけないかな??

とは言え、夫の人事異動は会社の判断するところ。

終わりを考えて、行動を制御するのはもったいないgawk

人事異動に臆することなく、新しいこと見つけていこうと思いますsmile

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ケーキ作り

友達に教えてもらったシフォンケーキを作ってみました。

お菓子作りは工程や分量がちょっと違うだけで、出来上がりが大きく変わってくるとのこと。

教えてもらったとおりの分量、注意点を守って慎重に作業しました。

友達が作るような、ふわふわスポンジのケーキを期待してhappy01

オーブンから取り出し、しばらく冷ました後、ドキドキしながらケーキをカット。

うぉぉぉ~up

ふわふわスポンジshine

美味しそうhappy02





となるはずでしたが、

型から出してみると、しょぼーーんとしぼんでしまったではありませんか・・・gawk

Dsc06417


しかも場所によっちゃぁ、スポンジに隙間がある始末。

Dsc064141

なんじゃ?これーーーshock

大失敗です。



少し前に作り方を教えてもらい、すぐに作りたくなってブレンダーや型、大きめのボールまで購入。

総コスト約$100

この$100無駄にしないためにも、成功するまで作り続けなければ!!

と思い、今日も朝6時過ぎから作ってしまった。。。

しばらくは、ダイエットは無理そうですcoldsweats01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

カルトの会

最近、発足した「カルトの会」。

夏はゴルフ部だったメンバーで密かに開始しました。

皆で集まり、生け贄の動物を捧げ、生き血を吸う・・・




というような「カルト」とは違うのでご安心をcoldsweats01

「カルト」とは「カルトナージュ」のことです。

カルトナージュとは小物入れなどを厚紙と布で作るフランスの伝統工芸。

ちゃんとした教室もありますが、もちろんお金がかかっちゃう。

ならば、自分たちで作ってみよう!ということになりました。


本に掲載されている、こちら ↓ ↓ を作る予定。

Imag0099

先日、第2回を開催しましたが、未だ完成に至らず。

なかなか難しいものです。


友達と何かをするって、本当に楽しいです。

単なる趣味だし遊びなので、そこには責任感もプレッシャーもない。

こんなに楽チンな生活していて、あとでツケがまわってこないか心配なくらいですcoldsweats01


NYやNJには、日本人向けの習い事がたくさんあります。

でも、どれもこれも結構なお値段。

こうやって、みんなで知恵を出し合えば、お金はかからないし、何より楽しい。

まさに一石二鳥。

私にはピッタリの趣味の習得方法smilescissors

付き合ってくれてる友達には感謝ですhappy02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

友達

先月は、2人の友人がNYを去って行きました。

ひとりは日本、もうひとりはシアトルへ。

仲良くなっても、いつかは離れ離れになってしまうのが駐妻というもの。。。

寂しいよねぇcrying


仲が良い駐妻グループメンバーも気がつけば半分に減ってしましました。。。

寂しいよねぇぇぇcryingcrying


将来、必ずみんなそろって再会しようね!と約束したものの、すぐ実現できるわけでもなく。。。

寂しいよねぇぇぇぇぇぇcryingcryingcrying


別れは辛いけど、短い間でも一緒の時間を過ごせたことは幸運。

アメリカに来なければ、出会えなかった縁だし。

別れを悲しむより、出会えたことに感謝しなきゃなぁ。



駐妻にとって友達はとても大切です。

どんな友達ができるかによって、海外生活の明暗が決まってくるような気がします。(言い過ぎか?)

こちらにきてたくさんの駐妻に出会いましたが、私が今まで出会ったことのないような人もちらほら。

レストランと食器とブランドの話が中心の人とか、「お」が多い人とか。

----------------------------------------------

(解説)

前者:モノや店の話ばかりで、その人自身が全く見えてこない人。

後者:単語の前にやたらと「お」がつく。「お弁当」「お粥」このあたりまでは一般的。「お薬」「お鞄」このレベルから若干の違和感。「お写真」「お電話」友達同士の会話で、ここまでくると異次元の世界。

----------------------------------------------

今まで出会ったことない人種だったので、最初は「気取っちゃってgawk」なんて、こっそり思っていました。

でも、決して気取ってるわけじゃないってことがだんだんわかってきました。

育ってきた環境や、物事に対する考え方自体が、私とは交わりにくいんだと思います。

その点、私の周りの友達とは交わりまくり。笑

もちろん、レストランや買い物についての話もします。

でも、話の主体がモノや場所じゃなくて「自分」なんです。

だから、聞いていて楽しいし、その人を知ることもできます。

レストランそのものや、モノの話になってしまうと、会話が一気に薄っぺらくなっちゃいます。


正直ちょっと合わないかも・・・って人と接すると、本当に良い友達に巡りあえたなぁとつくづく思います。

この縁を忘れないためにも!ってことで、みんなでこんなモノ作りました。

Dsc06409

一緒に撮った写真をちりばめた写真たて。

実は、これ最初にアメリカを去っていった友達に送ったプレゼント。

その後は、送別プレゼントの恒例の品になっていました。

いつもは見送るメンバーが作るのですが、残留組も減ってきたことから、「自分たちで作っちゃおう!」ってことで、友人の家に集合して作成しちゃいました。

この写真は全てNYでの思い出。

しばらくの間、みんなで写真撮れないけど、いつかまたみんなとの思い出の写真が増えていけばいいなぁ、と思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

スパイダーマン

ラッシュチケットでスパイダーマンを観て来ました。

Dsc06410


12時発売のラッシュチケットを購入するために、劇場に着いたのは10時。

それでも、既に待ち人が6人・・・

早っcoldsweats02

ちょっと出遅れたので、どんな席になるか不安でしたが、指定されたのは3階席の最前列。

(ワイヤーアクション満載のスパイダーマンは2階、3階のほうが見やすいのです。)

定価$150くらいの席を$39でゲット。

2時間並んだ甲斐がありましたwink


このミュージカルは、出演者の事故などで5回も開幕が延期されました。

練習中に事故が起きるほどのワイヤーアクションというだけあって、開幕直後はワイヤーの不具合などで、ミュージカルが何度も中断したようです。

今回は、中断することなく無事に終了。

内容は、とても簡単。

映画と同じような感じです。

ストーリーに奥深さがあるわけでも、メッセージがあるわけでもありません。

が、とにかくワイヤーアクションがすごいです!!

空中での戦いなんかは、ワイヤーがからむんじゃないかとハラハラします。

ワイヤーにつながったまま、スピード感あふれる動きをしたかと思ったら、ものすごくスローな動きをしたり。

逆さ吊りのまま歌ったり。

ハラハラ、ドキドキのアクション満載ですが、一応はミュージカル。

歌もしっかり歌います。

バラードやアップテンポの曲、いろんな曲調の歌があるのですが、どれもすごくキャッチーな感じ。

それもそのはず、あの有名なロックバンド「U2」のメンバーが音楽を手がけているんですって。

へ~gawk

音楽も聴きやすいし、ミュージカルと言っていいのかわかりませんが、見ごたえある舞台で楽しかったです。



ちなみに私は初めて観ましたが、夫は2回目。

私が一時帰国中に観て、すっかりハマってしまった様子。

ほぼ毎日ミュージカルの歌を口ずさみ、週末には「スパイダーマン行かない?」と私を誘っていました・・・

念願の2回目をクリアし、とりあえず気が済んだのか?スパイダーマンの歌は出ず。笑

いくらワイヤーアクションが見ものと言っても、2回は勘弁だなcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絶叫マシン?!

日本への一時帰国中、「としまえん」に行ってきました。

「としまえん」は実家の近くにある古い遊園地で、この7、8年ずっと行きたかった場所です。

子供の頃はしょっちゅう行っていましたが、成長するにつれ足が遠のき、最後に足を運んだのは成人式のとき。

(「としまえん」と言う名ですが、練馬区にあり、練馬区の成人式はここで開催されてました。)

15年ぶりの「としまえん」。

外観はだいぶ変わっていましたが、それでも昔の面影があります。

Dsc06280


古いアトラクションも健在で、一気に昔へタイムスリップ。

テンションも最高潮になり、いい年してしゃいじゃいましたcoldsweats01

Dsc06283

Dsc06303


そして、子供向けアトラクションを除いて、全て制覇という奇跡的な快挙を達成sign03

実は、絶叫マシンが苦手の私。

ディズニーランドのスプラッシュマウンテンが限界なレベルなのですgawk

そんな私が、こんなものや・・・

Dsc06289


こんなものにまでチャレンジ。

Dsc06302

そして、自分でも、よく乗ったと思うのはこれ。

↓ ↓ ↓

こんなわけわからんものに乗ることは一生ないと思っていました。

が、こけしさん(一緒に行った友達)が、「RYOさん、大丈夫、大丈夫!!」と太鼓判を押すので、死を覚悟の上、乗車することに。

いくら、こけしさんのお墨付きをもらったからって、恐いものは恐い。

席について安全バーが下がる頃には顔面蒼白shock

グゥォーン 

グゥォーン 

と動きだす頃には「止めてくれ」と絶叫状態の私crying

ワーワーギャーギャー

乗車していた人の中で一番大騒ぎ。

最後は気絶するんじゃ、

と思っていましたが、騒いでるうちに動きが小さくなり、なんとそのまま終了。

え?

ってか、恐くないcoldsweats02

いや、むしろ、面白いじゃーーんhappy02

これまで、一度も乗らなかったフライングパイレーツ。

こんなに楽しいなら、もっと乗っときゃよかったぁぁbearing

と、後悔の念がムクムク。

こうなったら、過去を取り返すしかない。

ということで、6回くらい乗っちゃいましたcoldsweats01

しかも、連続で。

周りのちびっことともに、アトラクションから降りると、そのまま入り口に直行。

数十年ぶりのアトラクション連続乗り、すごーーく楽しかったです。


今回、一緒にとしまえんに行ってくれたのは、友人のこけしさん。

私よりも、ちょいと年上ですが、とにかく気持ちが若い。

こけしさんのおかげで、思いっきり童心に帰ることができました。

これからも、年齢に関係なく、自分の好きなことを思う存分楽しみたいと思いまいした。


二十歳という節目の年齢を感じ、将来をあれやこれや考えた「としまえん」での成人式。

あれから15年、今あるのは二十歳のときには想像もしなかった生活。

次にとしまえんに行くときには、どんな人生になっているのかな。

どんな人と出会って、どんな経験をして、どんな生活をしてるのか楽しみです。



どんな人生を送っていたとしても、今回のようにいつでも童心に帰れる遊び心と、一緒に童心に帰ってくれる友達だけは失いたくないなぁ、と思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »