« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

ディプロマ試験

昨日は、プリザのディプロマ取得の試験でした。

筆記と実技。

両方とも、何もしない状態では受かりません。

筆記は、事前にいただいた資料を覚える必要があり、実技は課題となるブーケを何回も組みなおして練習。

趣味でやっていることながら、「試験」となると、体が拒否反応を起こしてしまいます。

いつもは楽しいプリザなのに・・・crying

と嘆きつつも、それなりに時間を割きました。

その甲斐あって、どうにか合格sign03

Dsc060981

よかったぁぁcoldsweats01



渡米すると同時に、初めての専業主婦をしていた頃、何もしないことに焦りを感じて、思いつきで通い始めたプリザのレッスン。

終わってみれば、こちらでの生活も3年目。

これまでの作品を眺めていると、作った季節やその頃の出来事を思い出します。

まさに、プリザとともにに歩んできたアメリカ生活です!!(なんちゃってcoldsweats01



私は、昔聞いていた音楽を耳にすると、その当時のことを思い出します。

音楽以外にも、香りとか。

人間が持つ五感は、記憶と密接な関係があるのかもしれません。

そう考えると、ただボケーっと生きてないで、

視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚

フル活動でいろんなこと感じていたほうが、思い出が増えるはず。

せっかくのアメリカ生活なのに、何も感じないなんて、もったいなさすぎるbearing

よしっ!!

とりあえずは、美味しいもの食べて味覚を刺激することにしようsmile(鍋ダイエット中のため、その反動が・・・sweat02

| | コメント (6) | トラックバック (0)

先輩来訪

先週、夫の会社に勤務するHさん&Nさんが我が家を訪ねてくださりました。

おふたりは今回で4回目のNY。

我々夫婦より、NYに詳しいんじゃないか?って感じでした。

シカゴやボストン、ナンタケットなどを経由してからの我が家だったので、だいぶお疲れの様子。

それでも、毎晩晩酌にお付き合いいただき、ちょ~楽しかったですnote

やっぱり、ふたり飲みより賑やかでいいhappy01



今回のおふたり、既にNYにお詳しいので、どこかを案内するということはありませんでした。

ご一緒させていただいたのは、ブルックリンブリッジの横断とヤンキース戦です。


残念ながら、ブルックリンブリッジは工事中で景色が見えないところがありました。

Dsc06042

Dsc06033


でも、自由の女神やマンハッタンはバッチリsign03

Dsc06054

Dsc06048

2枚目には小さーーく自由の女神が写ってます・・・(バッチリ見えてないって?)


途中、ワイヤーにいくつもの鍵がかかっているのを発見。

Dsc06062

恋愛成就とかの願掛けのようです。

それにしてもこの橋、真下を道路や川が流れているのに、木に隙間があって、めちゃくちゃ怖い。

Dsc06059

普段からテキトーなアメリカ人を見ているので、この橋の安全性もテキトーに考えてるんじゃないかと思うと、ハラハラドキドキでしたcoldsweats02



おふたりと過ごす最後の日は、ヤンキース戦へ。

Dsc06085

ヤンキース対レッドソックスのゲームで、試合開始後はヤンキース優勢。

このまま試合終了かと思いましたが、途中からレッドソックスの追い上げがあり、延長戦へ。

しかし、おふたりの飛行機が早朝出発のため、最後まで観戦できませんでした。

(結局、試合終了は夜中の0時近く。最後まで観るなんて到底無理でした・・・)

残念down

(とか言いつつ、そこまで野球に興味はないんですが。笑)


久々にお会いしたおふたりでしたが、若くてパワフルで、なにより楽しいup

我々夫婦よりはちょいと年上なので、私もこんな風になりたいな~とつくづく思いましたsmile



余談ですが、おふたりは帰国前夜、空港近くのホテルに宿泊しました。

つまり、ヤンキーススタジアムからホテルへ。

タクシーをつかまえるのは難しいとの情報があったので、事前にリムジンを予約。

待ち合わせ場所にいると、走ってくる車の中から手を振る人物が。

どうやら、リムジンの運転手さんの様子。

迎えに来てくれた運転手さんは、すごく感じの良い人で、安心しておふたりを見送りました。

ところが、我々も帰路についたそのとき、リムジンの運転手さんより着信。

はて?何事?

ホテルの場所がわからないのかと思い、電話に出てみると、



「お前、なんで待ち合わせ場所にいないんだ!」


とお怒りのご様子。

「は?」

いやいや、もうあんたの車に乗ってるってcoldsweats01

って、そんなわけないgawk

だって、待ち合わせ場所にいないって言うんだから。



もしや・・・




リムジン間違えた????



やばいよ、やばいよcoldsweats02(←出川口調ではない。事態は緊急を要する状況。)

夫に伝えると、夫もやばいよ、やばいよ状態にsweat01

私たちの脳裏には、よからぬ仲間が集まる場所に連れて行かれ、金品強奪。

それだけならまだしも、


そのまま・・・・shock


ぎゃぁぁぁぁぁsign03

た、大変だsweat01

すぐに、おふたりの携帯に電話。

すると、やはり違うホテルにつれていかれそうになったとのこと。

とりあえず、よからぬ仲間がいるところじゃなく、ホテルでよかった・・・

その後、無事に宿泊するホテルに着いたと連絡があり一安心。

ちなみに、乗るはずだったリムジンの運転手さんはその場で待ちぼうけ。

(事情を話し、後日乗車賃を支払うことで決着。)

Hさん&Nさんは、無事にホテル着。

Hさん&Nさんを乗せたリムジンは、しっかり乗車賃をゲット。

と、ここまでは何とか丸く収まっていますが、問題はHさん&Nさんが乗ったリムジンを待っていた方。

一体どうなったのか・・・

申し訳ないことをしました。

待ちぼうけの方、ごめんなさーーいm(__)m

教訓:リムジンに乗車するときは確認を怠るなですね。笑

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ゴルフ

週末、友人ご夫婦とゴルフに行ってきました。

ラウンドしたのは、以前も利用した「Van Cortlandt Park Golf Course」。

Bronxにあるゴルフ場で、混んでいなければ家から車まで1時間ちょっと。

距離も短いし、手軽にまわれるコースです。

前回ラウンドした7月は、暑さのせいかお客さんがあまりしませんでしたが、今回は前が詰まってティーショットを待つほどの盛況ぶり。(日本じゃ当たり前だけど・・・)

1ホール目は、特に待ってる人が多く、みんなティーショットを打つ人を注目しまくり。

そんな中、うちの旦那は力が入りすぎたらしく

「一発目の飛距離30センチ」

という、大失態を犯していました。笑

出だしが、そんなもんなんで、終始笑いが耐えません。

4人ともゴルフ狂ではないし、何よりもご一緒したおふたりの人柄が最高なので、今回も楽しくラウンドできましたhappy01



そういえば、15ホール目あたりで、旦那ふたりがティーショットを打ったときのこと。

端にある林から、男の子がふたりコース内に走ってきて、「何事?!」と思っている間に、ボールを盗み去って行きましたshock

単なるイタズラなのか・・・

盗んだボールを売るのか・・・

コースの途中、拾ったボールをこっそり売っているような怪しい人もいるし、イタズラじゃなく売るのかもなぁ。。

日本じゃ、こんなこと考えられません。

普段は明るいとこしか見えないませんが、まだまだ見えていない暗い現状あるんだなぁ~と改めて思う出来事でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

健康管理

先日、NHKの「ためしてガッテン」で腎臓疾患について特集していました。

近年、人工透析が必要な患者さんが急増しているとのこと。

腎臓の機能が低下すると、体外に毒素を出せず、数日のうちに命を落とすらしい・・・

その毒素を外に出すための治療が人工透析。

週3日、4時間もかけての透析。


恐ろしいshock


実は私、人間ドックや健康診断では必ず「タンパク」が出ますcrying

(腎疾患の目安としてタンパクの数値「クレアニチン」が重要)

30歳過ぎたあたりから、毎年のように再検査。

とは言え、決まって、

異常なし・経過観察

で終わるんだけど・・・

だから、問題ないだろうと思ってたけど、このままいったら老後は人工透析の運命かもしれんsweat02



慌てた私は、過去の人間ドックや健康診断の結果を即チェック。




ガビーーーーン
shock



わかっちゃいたが、正常数値ギリギリimpact



不安におののく私・・・

しかし、「ためしてガッテン」は、ただ単に国民の不安をあおるだけではありません。

十分、不安を与えたあとに待っているのは、その治療法や改善法。

番組内で根本の原因を突き止めるチャート表が紹介されていたので、チェックしてみました。

ところが、内臓脂肪・血圧・コレステロール・血糖・尿酸など、全て正常。


あれっ?

問題ないじゃんcoldsweats01


と思ったのもつかの間。

大問題を発見sign03

た・・・体重がぁぁぁshock

この2年で5キロ増。




私、渡米前そんなに痩せてたんだnotes



って喜んでる場合じゃないgawk

このままブクブク太り続けたら、ますます人工透析に近づいてしまう。

とりあえず、痩せなければ!

ということで、数日前から夜ご飯を野菜中心のお鍋にしています。

そしたら、あれよあれよと言う間に痩せてきました。

1日0.5キロくらいずつ減っていきます。

渡米前の体型に戻すべく、今後もお鍋ダイエット続行予定。

次回の人間ドックではタンパクが出ないことを祈り、ダイエット頑張りますsign03

| | コメント (7) | トラックバック (0)

エステ

先日、エステに行ってきました。

家から車で5分くらいのところにある「Beyond Organic Spa」(http://www.beyondorganicspa.com/)というサロン。

Dsc059902


小さな一軒家のお店で、清潔感があって、店員さんの対応もすごくいい。

アロママッサージとストーンマッサージのコースで、ちょー気持ちよかったですcatface

途中、強烈な睡魔に襲われましたが、寝てる間に終わっちゃうなんてもったいないので、頑張って起きてましたcoldsweats01



え~?

私にエステなんて似合わないって?

ムフフフフフsmile

実はこれ、旦那からのプレゼントnote(自発的に行くわけがない。金がもったいない!!)



今年の結婚記念日。

記念日すら忘れていた私へ「はい、これ。」って、旦那がくれたのはエステのチケットでした。

いやぁ、嫁が言うのも何だけど、よくできた夫だlovely

とここまでは、素晴らしい夫婦愛の話。

だけど、普通に考えたら、記念日とは言えこんな芸当ができる旦那ではない。

旦那のプレゼントには理由がありました。

それは・・・




グルーポンで格安で手に入ったから



です。。coldsweats01


うちの旦那らしい。

わが夫は無類の割引好き。

日本にいるときは、週末になると特売の品を求めて早朝からスーパーに並んだり・・・

バーゲンに行っても20%くらいの値引きじゃ目もくれなかったり・・・

実は、このチケット$60も割引になってました。

旦那としては一石二鳥だったのでしょう。。。

まぁ、購入理由はどうあれ、至福の時を味わえて幸せでした~catface

ありがとーよ。わが夫happy01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

女子ゴルフ

女子4人でゴルフに行ってきました。

ラウンドしたのは、「Alley Pond Park」(http://queens.about.com/od/sportsandfitness/a/golfing_2.htm)のミニコース。

Dsc059791



18ホール全てがパー3。

使用するのは、9番、ピッチング、サンド、パターの4本。

メッツのスタジアムがあるWillets Point/Shea Stadium駅から、歩いて2・3分のところにあり、とても便利です。

料金は$10ちょっと。(覚えてない・・・)

打ちっぱなしに行くくらいの値段だから、安いと思います。



当日、私たちがコースに着いたのは11時過ぎ。

この時点で、コースに出ているのは3組くらい。


少なっcoldsweats02


ほとんどが、リタイア後の人生楽しんでるような、おじさんたちです。

そして、まずは、ゴルフと言えばお決まりのこちら。

↓ ↓ ↓

Dsc059761

たまら~んcatface


こっちがメインな気もするが・・・sweat02

とは言え、このまま帰るわけにもいかないので、一息ついてから、ラウンド開始sign01

Dsc059771


パー3だから、ちょろいと思っていましたが、そうでもない。

ボールがなくなるようなことはないけど、右へ左へsweat01

グリーン周りでも行ったり来たりsweat01sweat01

「6打まで打ったら、強制的に次のホールへ」というルールがありますが、人がいないので打ちたい放題happy01

パットもOKなしで頑張りましたgood




途中、ハリケーンなど雨の影響で水没してる箇所も。

Dsc059781



グリーンもほとんどはしっかりしているし、池超えやバンカーもあり、なかなか本格的です。



暑さも手伝い、少々バテ気味になってきた11ホール終了後・・・

誰からともなく、



「次どうする?」


という魔のささやきが。


うそーーーんshock



「次どうする?」って。笑

みんな「どっちでもいいよ~」なんて言いつつ、結局ここで終了となりましたcoldsweats01



ラウンド後は、Flushingに飲茶を食べに行きました。

席に座ると、すぐにワゴンで飲茶が運ばれてきて、中国語だか英語だか、よーわからん言葉で片っ端から、薦めてきますsweat01

Dsc059801


その勢いにたじろぎつつ、何品かをチョイス。

Dsc059851

Dsc059861

Dsc059871


とにかく安くて美味しいです。

一品$3とか$4とか。

4人で$10くらいと、主婦には嬉しい値段heart04

リピ決定ですwink



今回、初めてのショートコースでしたが、普通のコースと違ってスコアやルールに縛られることなく、ゆる~~くラウンドできるので最高です。

さらに、女子だけってのがいい!!

男子の中には、やたらスコアにこだわって緊張感出てきちゃう人とかいるし。。。

あまりにも楽しかったので、次回の開催も決定sign01

少しは涼しくなってるはずだけど、果たして何ホールまで行けるのか?

(というか、行く気があるのか?笑)

楽しみですhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

メリーポピンズ

週末、メリーポピンズを観てきました。

Dsc059681

Dsc059731


子供向けのミュージカルなので、客席にはちびっ子がいっぱい。

「ちびっ子たちは、途中で飽きちゃうんじゃ?」なんて思ってましたが、私の周りの子供たちは2時間半の間、飽きた様子もなくノリノリで舞台を見ていました。

歌いだす子や、体でリズムを取る子、中には音楽に合わせて指揮者のマネを始める子も。

演じている子もかわいいけど、観客の子もめちゃくちゃかわいかったですhappy01



ミュージカル自体も、なかなかのものflair

衣装や舞台のセットがかわいらしいです。

舞台セットはかなり大掛かりなものだし、ワイヤーアクション的なものもあり。

知っている曲も多いので、言葉がわからなくても十分楽しめましたnotes

それにしても、今回のミュージカルは全然英語が聞き取れなかった・・・

なんとか、ひとつの単語を聞き取り、曲調とか役者の表情を頼りに会話を想像することの繰り返しでした。



こちらに来て、もうすぐ2年。

英語は全く上達しないけど、会話の展開を想像する力はついたような・・・

表情とかシチュエーションから、相手が何を言ってるか予想すると、なんとなーく会話っぽくなる気がします。(ホントか・・・?)

本当、表情って重要ですねcoldsweats01



まだまだ、観ていないミュージカルがあります。

本帰国までに、できるだけ観ておきたいと思いますが、今後のミュージカルもきっと想像力が試されることになるんだろうなぁcoldsweats01



最後にお決まりの記念撮影。

Dsc059711

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ディナークルーズ

一昨日、「Above All Cruises」(http://www.aboveallcruises.com/)のディナークルーズに行ってきました。

Dsc05955


イーストリバーの23stから出向する3時間のコースで、服装もカジュアルでOK。

価格も、ひとり$35と良心的。

もともと安いんだけど、グルーポンで半額に。

かなり得した気分happy02



席は決まっていないので、早いもの順。

30分くらいから、みんな並び始めます。

私たちは40分くらい前に着いていたので、かなり良い席をゲットsign01

船内に入ると、各々食事を取りに行きます。

Dsc05959_3


「ビュッフェスタイル」とあったので、食べ放題かと思ったら、お皿に盛れるのは1回のみ。

しかも、スタッフの人が取り分けてくれるので、「お皿に山盛り」なんてのは無理。


残念crying


船の出発を待ちつつ、料理を食べ・・・

お酒を飲み・・・

さぁ、もうそろそろ・・・

と思うも、なかなか出発しない。

遅れてる人でもいるのかと思っていた矢先、アナウンスが。



「天候が思わしくないので、今日は欠航です。」

えええええええーーーーshock

雨も降ってないし、風もたいして吹いてないのに。



「自然が相手なので仕方ありませんね。」

そりゃぁ、そうだけどさぁwobbly



「皆様の安全のためです。」

そう言われたら、何も言えないdespair



「船は動きませんが、ダンスパーティーは開催します。」

結構ですgawk



結局、他の日に振り替えとなりました。

この日、使用した交通費は夫婦で約$17。

振り替えになったことで、再度$17の交通費がかかります。

グルーポン使用により、ふたりで$35得したはずなのに・・・

全然、得しとらんdown


がっくしcrying



でも、振り替えたのは金曜日で、金曜の価格は$85。

まぁ、得っちゃぁ、得かぁ。。。

何だか、煮えきらない結果だけど、自然相手じゃ仕方ない。



所詮、人生プラスマイナスゼロってことかcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ケープコッド旅行記 その2

ケープコッド2日目は、ハイアニスとチャタムへ。


ハイアニスは、ジョン・F・ケネディがお気に入りだった町で、ジョン・F・ケネディ博物館なるものもあります。(数少ない観光スポットにもかかわらず、英語がわからないだろうということで入館せず。やる気ゼロ。笑)

メインストリート沿いには、レストランや雑貨屋さんなどが立ち並んでいます。

Dsc059121



チャタムは、白い木枠とグレーっぽい外壁を基調とした建物で町が統一されています。

個人のお家だけでなく、チェーン店のドラッグストアなんかも同じような作りです。

Dsc058971


そして、ケープコッドと言えばコレflair

Dsc05899


そうそう、灯台です。

アメリカで有名な「ケープコッドポテトチップ」のデザインにもなっています。

いくつもあるはずの灯台ですが、見つけられたのは1つだけ。(そもそも、見つける気ない・・・やる気ゼロ。笑)

本当に役に立つのか?ってくらい小さかったですcoldsweats01



昨日、足を運んだ町も含め、みなとてもキレイです。

ゴミもほとんど落ちてないし、芝の管理も完璧。

住人は、「見られてる」ことを意識してるんだろうなぁ、という感じ。

散歩がてらブラブラするのは楽しいですが、買い物はイマイチでしたdown

どこの町も、売っているものはNYやNJで手に入るものばかりなので・・・



2日目は家路につきつつ、ニューヘイブンの近くに1泊しました。

泊まったのは、マリオット。

全室スィートというだけあって、部屋が充実しています。

ベッドはキングサイズ、ミニバーにはレンジや流し台もありました。

Dsc05915


それなのに、昨日のSuper 8よりも安いとは・・・gawk




2日目も美味しいシーフードを求めて、レストランを探しました。

ホテルの近くにクチコミ評価が高いレストランを発見sign03

「Scribner’s」(http://www.scribnersrestaurant.com/

住宅街にあるレストランで、お店から2分くらい歩いたところには海。


こりゃぁ、期待できるかもnote


本日の注文は、クラムチャウダー $4

Dsc05933


クラムチャウダーを注文したら、↑↑↑が運ばれてきました。

って・・・


?????

クリームじゃない・・・shock



けど、クラムはどっさり入ってます。

「本日のスープ」と間違えたんじゃ?

旦那曰く、クラムチャウダーにはいろいろ種類があるとのこと。

本当かいな?

帰宅後、調べてみたクラムチャウダーには3種類あることが判明。


・クリームスープ → ニューイングランド風

・トマトスープ → マンハッタン風

・清汁 → ロードアイランド風


ここのレストランは、ロードアイランドに近いから、清汁だったようです。



そのほか、カジキマグロのゴルゴンゾーラソース添え $15

Dsc059431

淡白なカジキと濃厚ゴルゴンゾーラの絶妙なバランス。

ちょっと量が少なかったけど、美味しかったですdelicious


カキ $12

Dsc059311


そして、ロブスター(1.5パウンド) $25(時価)

Dsc05940

高いだけあって、デカイcoldsweats02

でも、レッドロブスターなんかで食べるより、全然安いsign03

プリプリ触感で、旦那大満足の様子でした。

Dsc05946




3日目は、エール大学へ。

全然知らない学校だけど、かなり頭が良いとこらしい。

建物が観光名所になっていて、大学の校舎を見学するツアーもあるとのこと。

ひとつの敷地内に校舎があるのではなく、街の中に校舎が点在している感じです。

確かに、凝った作りの建造物がいっぱい。

Dsc05949

Dsc05952

Dsc059501

学生の町というだけあって、若者が多いです。

雰囲気も良いし、道もキレイでした。

それにしても、これだけの校舎を維持するってことは、学費は一体どのくらいなのか・・・

建築物そのものより、費用を考えちゃう私ってロマンがないなぁ。(ロマン??)



久しぶりに行き当たりばったりな感じの旅でしたが、時間を気にせず町を散策したり、店内の様子を伺いつつレストラン選びしたり、と結構楽しかったですhappy01

次回、近郊の旅は紅葉狩りかなsmile

極寒の季節の前に、活動しておかなければsign03

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ケープコッド旅行記 その1

週末の3連休でケープコッドに行ってきました。

ケープコッドは、ボストンから車で2・3時間のところにある半島。

家からは5時間くらい。

遠い・・・gawk

近くには、バスケットで有名なナンタケット島もある観光地です。



まず、ケープコッドの近くにあるプリマスへ。

ここは、メイフラワー号が漂着した場所で、「アメリカ発祥の地」として知られています。

(なんて、もっともらしく書いてるけど、メイフラワー号・・・勉強したんだろうが、全く記憶にない・・・要は先住民がいるとこに、メイフラワー号でイギリス人が侵略に来たって町です。)

観光スポットも歴史的なものが多いです。

メインはやっぱりメイフラワー号のレプリカ・・・かな?

Dsc058091


写真だとわかりにくけど、この船すごく小さいsign03

船内も自由に見学できますが、15分もあれば十分ってくらいの規模。


Dsc058271

Dsc058311

にもかかわらず、102名も乗船してたらしいです。

信じられんshock


船には、当時の洋服をまとった女性がいて、いろいろ説明してくれます。

Dsc058251


もちろん英語なのでさっぱりわからんgawk

でも、船の見学とプリマス・プランテーションのコンビネーションチケットを購入したら、「プリマス開拓村」という、日本語の本がもらえました。(なぜか、「1300円」と日本語の記載あり・・・)


メイフラワー号から、すぐのところに「プリマス・ロック」があります。

これは、ピルグリム(イギリスから来た清教徒)が、始めてプリマスの地に足を降ろしたときに使用した踏み石。

Dsc058371


石には、プリマスに到着した年「1620」が刻まれています。

歴史ある石ですが、まぁ、所詮「石」・・・か「岩」ってとこ。

ウィキで調べたら、



「がっかり名所」と言う者もいる


だって。笑



私たちは、がっかり名所を後にして「プリマス・プランテーション」へ。

Dsc058401


ここは、17世紀のプリマスを再現した野外博物館で、当時の服装をしたスタッフがその時代の暮らしを忠実に再現しています。

Dsc058612


実際に、家畜がいたり、食料を育てていたり。

Dsc058511

Dsc058461

Dsc058441


先住民たちの暮らしを紹介するコーナーもありました。

Dsc058421

Dsc058431


このプリマス・プランテーションとメイフラワー号のコンビネーションチケットは、1人$29.5。

正直、高すぎるような気も・・・

でも、気候が良いときしか営業してないから仕方ないかcoldsweats01



プリマスの観光を終え、サンドイッチというケープコッドで最も古い町へ。

ここは、ヨーロッパ調のかわいい町並みが残っているとのこと。

Dsc058631

Dsc058641

Dsc058661_2

確かに、かわいらしいお家。

だけど・・・所詮「家」・・・って感じが。。。



散歩がてら町を散策した後、プロビンスタウンのコマーシャルストリートへ。

コマーシャルストリートは、海岸沿いにある通りで、たくさんのお店があります。

人もわんさか。

Dsc058761


プロビンスタウンは、ゲイピープルの街としても有名で男性同士のカップルもたくさんいましたheart04

店先には、ゲイの象徴であるレインボーカラーの旗も。

Dsc058741_2

Dsc058751


お店がたくさんあったので「何か買おう!」と思ったのですが、NYやNJにもあるものが多く、結局何も買いませんでした。



初日の観光を終え、宿泊先に。

1日目の宿は、ハイアニスの近くにある「Super 8」。

エクスペディアで☆2つなのに、$133。

高っcoldsweats02

外観も内部も、たいしたことないのに~

Dsc05881_2

Dsc05883



チェックイン後、ハイアニスへ夜ご飯を食べに行きました。

下調べを全くしていなかったので、事前情報はゼロ。

自分たちの勘を信じて入ったお店は、メインストリートにある「Schooner’s」(372 Main St Hyannis, MA 02601)。

イタリア料理のお店っぽかったです。

注文したのは、ムール貝のワイン蒸し

Dsc05886


$11で25個も入ってました。



ホタテとエビのパスタ $22

Dsc05889



魚介のプレート $24

Dsc05891


魚介そのものは、美味しかったですdelicious

ただ、パスタはアルデンテより柔らかめ。(と言っても、アメリカ人が好きなぶよぶよパスタではありません。)

プレートの魚介は、パン粉をかけて焼いたものでしたが、どっちかって言うとパン粉はいらない。

全てが、ちょこっと惜しい感じでした。。。



観光といい、ご飯といい、なんとなくボヤ~っとした1日でしたが、こんな感じの旅も面白いなぁ、なんて思いつつ眠りにつきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »