« 小さな紳士 | トップページ | ここはどこ?! »

歯医者

渡米前、歯医者で口内をチェック&虫歯の治療を行いました。なるべくアメリカで歯医者に行かなくて済むようにです。しかし、なぜか渡米直後から奥歯が痛い・・・sad こちらは健康保険制度がないので治療費が高い。どうしよう・・・sweat02 しかも、日本人の歯医者なんかいるのだろうか?

五里霧中状態で歯の治療への道のりがスタート。

まず、夫の会社で加入している保険が適用できる歯科医を探す。インターネットでの探すのだが、もちろん指示や説明は全て英語。夫に助けられ何とか探し方をマスター。調べてみると、日本語が話せる医師はいるものの、日本人の医師はゼロ・・・

もちろん、こちらにも日本人の歯科医はいるのですが、保険が適用できないため治療費が高額になること、そして日本人医師より、歯科治療技術が発達しているアメリカの医師のほうが腕が良いという噂があり、フォートリー歯科というアメリカ人歯科医を選択。

さて、歯医者は決まったので予約の電話をする。対面で聞いても理解できない英語は電話だとなおさら難しくなるsweat01 あぁ、電話したくない・・・crying けれど、時折やってくる歯の痛みを思い返し、勇気を出して電話。呼び出し音・・・そして「Hello!!」の一言。ダメもとで日本語OKか聞いてみると、電話口の女性がいきなり流暢な日本語を話し始める。

無事に予約が完了し、診察当日。麻酔をしたり削ったり、治療は日本と同じ。虫歯が神経にまで達していたので、神経を取り除く治療をして費用は約8万coldsweats02 保険の適用があっても自己負担は2万程度になる予定。やはり高い・・・

しかし、サービスはかなりのもの。まず、治療日前日の予約時間の確認のため電話をいただく。治療中はTVを見せてくれたり、治療後は痛みがないかの電話まで。もし、何かあれば24時間対応可能、とのこと。

「日本語が話せる」となっている歯科医は1年日本に留学していたと話し、正直、「日本語が話せる」というレベルではないが、助手の日本人女性が通訳などをしてくれるので、全く問題なし。

とりあえず、良い歯医者を発見でき、痛みもなくなり、本当によかった・・・

|

« 小さな紳士 | トップページ | ここはどこ?! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283726/32613959

この記事へのトラックバック一覧です: 歯医者:

« 小さな紳士 | トップページ | ここはどこ?! »