« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

今年最後のブログ。

渡米とともに始めたブログ。

とりあえず、今年は最後。

明日からは、カンクンに旅行happy01

一度は、新婚旅行の候補地になったカンクン。しかし、日本から余りにも遠いので落選。まさか、4時間で行けることになるなんてhappy02

今年は、いろんなことがありました。人事異動、挙式、夫の海外赴任、そして私の退職。ひとりの力では越えられなかったことも、たくさんの方と出会い、たくさんの方にお世話になって、何とかここまでこれました。

感謝の気持ちでいっぱいですconfident

お忙しい中、ブログを読んでくださっている皆様にも感謝ですshine

1年本当にありがとうございました。そして、来年も引き続きよろしくお願いしますheart04

| | コメント (3) | トラックバック (0)

風邪じゃないのに!

夫とともにスーパーをブラブラ。何かお得なものはないか探していると、2個で$3のメロンを発見eye 

これは安いsign03

しかし、果肉の色がわからない・・・夫は「この値段だから、あんまり美味しくない緑のヤツだろう」と言う。確かに期待はできない。それでも、安さに惹かれ購入moneybag

期待しないと言いつつ、「もしかしたら・・・」とワクワクしながら、メロンに包丁を入れる。二つに割れたメロン。その色は・・・

Dsc02315_convert_20091225042721

オレンジsign01

きたぁぁぁぁぁぁぁ~~happy02sign03

オレンジ色と知って、夫も大興奮up 「オレンジ色のメロンなんか風邪ひいた時しか食べられないよ~」と大喜びnote

この値段なら、風邪ひいてなくても食べられるwink しかも、甘くて美味しい。

こりゃ、絶対リピだhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスカード

少し前に送られてきた、どっかの会社のクリスマスカードxmas

開けてみると、なんとCDcdsign03

Dsc02284_convert_20091221010711 Dsc02282_convert_20091221010615

聞いてみると有名なクラッシックが10曲ばかり。

更に、手書きの一言メッセージもnote

家族とか、友達ならCDなんか入ってなくても、クリスマスカードもらうだけで嬉しいnotes でも、どっかの会社となるとカードだけもらっても見ないかも・・・

つい、見たくなる衝動を駆り立てるアイデアねflair

・・・と言いつつ、結局、何の会社だか、どこの会社だかわかっていない私・・・coldsweats01

こんな私にクリスマスカード送って、費用対効果はあるのかな??

まぁ、私の記憶に刻まれたってことで許してくださいマセhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イルミネーション☆

もうすぐクリスマスxmas 街もクリスマスムード一色です。夜の気温はマイナスになりますが、せっかくなので、先日マンハッタンへイルミネーションを見に行きました。

Dsc02289_convert_20091221010915 Dsc02286_convert_20091221010814

足先の感覚はなく、鼻水出てるのも気がつかないほどの寒さwobbly それでも、「見なきゃ損」と思い、ロックフェラー・センターやその近辺をひとまわりrun

結果・・・

日本のほうが、キレイかな・・・?

と感じました。最近、日本でのイルミネーションはあまり多くの色を使っていなかったように記憶しています。白だけとか、白と青だけとか。

先日、私が見たイルミネーションはたくさんの色が使われていて、確かに豪華でキレイなんですが、何かが足りない。

何が足りないのか、足りすぎているのか上手く表現できませんが、「品」とか「静寂」とか「侘しさ」とか、そんなたぐいの物のような気がします。

例えるなら花火shine 花火大会のメインで打ち上げられる○尺玉の花火。大きいし色もキレイ、お腹にくる振動なんか、たまらないhappy02 これが先日見たイルミネーション。

で、花火大会のラストを締めくくるのは、その光が静かに消えていく柳のような花火(わかるかな??)。これが、日本のイルミネーション。

そんな感じdash

それでも、十分楽しめたので満足ですnotes

そして、夜の外出時には、雪山に登るような装備で挑まなければならないということを学びましたcoldsweats01 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

眠れない夜・・・

週末だというのに8時には起きてしまう私が、今日は10時まで寝ていたので、今夜は眠れない・・・coldsweats01

夫はスヤスヤ寝息をたてていますsleepy

そんな横顔を見ながら、つくづく幸せを感じたりheart04

私は「人」に恵まれてるなぁって思うこの頃です。

まずは、私をこの世に生かしてくれたお父さんとお母さん。

次に、口あけて寝てる夫。

口あけて寝てる夫を産んでくれた、お父さんとお母さん。

そのお父さんとお母さんが夫の次に産んだ、夫の妹(←私がヤキモチやくくらい可愛いし夫と仲良しcatface)。

と、そのご主人(←これまたイケ面happy02

そして、その子供(これまた可愛いlovely)。更に、これから生まれてくる子。

ここまでは家族。

でも、家族だけじゃなかったりもする。

口あけて寝てる夫を可愛がってくれる先輩、

後輩なんか絶対友達になれないって思ってたけど、今じゃ生活の必需品になってる後輩、

久しぶりに連絡をとりあった友達。

み~んながいてくれるから幸せhappy01heart02

どれかひととつでも欠けたら、幸せがなくなるかもしれないsad

でも、きっと大丈夫sign03

み~んなつながってるから。

つくづく幸せを感じたところで、今日は寝ますかねconfident

おやすみsleepy

| | コメント (1) | トラックバック (0)

大雪!!

朝起きたら、一面に降り積もる雪snow

Dsc02304_convert_20091221034619 Dsc02309_convert_20091221034727

昨晩からの雪が降り続いたようで20センチほど積もっていました。こちらの子供は雪に慣れているからか、雪遊びをしている子はほとんどいません。

しかし、日本人(たぶん)の子供は大はしゃぎしています。朝から何時間もアパートの中庭で遊んでいますhappy01

12月で、この雪。そして、この寒さ。

これから、一体どんなことになるのか恐いです・・・bearing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウトレット(本物)へ

今日は、以前、カーナビに騙され偽物(?)のモールへ連れて行かれたリベンジをすることにしましたhappy01

Woodbury Common Premiun Outlets、住所をよく確認し、ナビにインプット。今日は、間違いなくたどり着けそうです。

車を走らせること1時間。目的地に到着しましたmotorsports

前回の偽物モールとは違い、空いている駐車場を見つけるのも苦労するほどの賑わいですrun

220店舗が集まるというだけあり、かなりの広さ。ブランド店からカジュアルウェアのお店まで、たくさんのお店があり目移りしてしまいますhappy02

中でも人気なのは、「Coach」と「UGG」。入場制限をしており、お店の前には長い列ができています。

Dsc02301_convert_20091221012023 Dsc02302_convert_20091221012225

夫はBurberryのコートとTheoryの手袋を購入 。コートは6万、手袋は1万程度。日本に比べるとかなり安いですdollar

私はUGGのブーツを見ようと思い、行列に参加しましたが、あまりの寒さに道半ばにて断念・・・(何せ、気温はマイナス。雪も舞い散る天候だったので・・・)

結局、寝巻き用のパーカーを購入して終了しましたhappy01

家から遠くもなく価格も安いので、また行ってみたいとは思いますが、今度は暖かくなってからにしようと心に決めましたcoldsweats01

| | コメント (5) | トラックバック (0)

これからのクリスマス

うちの玄関にはリースが飾られてます。品の良い、とても素敵なリースです。

Dsc02278_convert_20091217042649

このリースは大好きな人からのプレゼントpresent 誕生日でも記念日でもないのに「ついでに買ってきちゃった」と笑いながら手渡してくれました。 

その人はとても賢くて、とても可愛くて、とても優しくて、それでいて、ちっとも気取ってない。意外に度胸があって、天然ボケなところもある。

とってもとっても素敵な人。

私より少し年上で、その人みたいになりたいって思ってたら、しぐさや口癖が移ってしまったほど・・・coldsweats01

その人がいるから楽しくて、その人が頑張るから私も頑張れました。助けられて、支えられて、いつも勇気付けてくれました。

彼女は頑張り屋だから、去年のクリスマスより今年のクリスマスのほうが成長していて、毎年成長し続けるんだろうなって思います。

これから毎年12月には必ず飾られることになるリース。

大好きな彼女に恥ずかしくないよう、前回リースを飾ったときよりは、自分が成長しているよう頑張ろうsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

無謀なチャレンジ・・・

最近ほとんど外出をしていないwobbly 週末、夫と買い物に行く程度。日本にいる頃は、仕事で疲れていても週末は必ず外出し気分転換していました。

ムクムク、ムクムク・・・よからぬ考えが頭の中をめぐります。やってみるか・・・?でも、危険なんじゃ・・・

まっ、せっかくだし、やってみようflair

ということで、初のひとりドライブを決行することに。

Dsc02277_convert_20091217042531

これまでの人生、ひとりで車を運転したのはたったの1回。もちろん、車庫入れや縦列駐車など高度なテクニックはなし。

非常に無謀なチャレンジbomb それでも、1度やると決めたら止められない性格の私。

早速、出発することにしました。目的地は家から10分ほどのところにある雑貨屋に決定。走り出してみると、車の流れにのっているし、後ろの車に追い抜かれることもなくスムーズな走りっぷり。

まぁ、私の実力ねsmile と自画自賛。

無事に雑貨屋があるモールに到着。夫が運転しているときには、お店の近くに駐車してくれとお願いするが、何せ駐車に必要なテクニックがないので、お店から遠く離れた誰も駐車していないスペースを確保dash 

とりあえず、一安心。

買い物を済ませ、帰宅するため、モールの出口に向かうと、車の長い列ができています。

まずい・・・

車が途切れたときに、右折しないと出口に向かえないsweat01 でも、だいぶ列が長くなっていて、途切れる様子がないsweat02 

どうしようwobbly

すると、1台の車が止まり、運転しているおじさんが、「どうぞ」と手で合図しています。おぉsign01 なんて親切なおじさんhappy01 

「ありがとうshine」と言っても、聞こえるわけありません。こんなときは、譲ってもらったほうも、手とか上げてお礼のポーズよねdash夫がやっているけど、よく見ていないから、どんなポーズかわからないcoldsweats01

かと言って、おじさんを無視するわけにはいきません。私は、手を上げてペコペコ頭を下げ、無事に列に合流。

駐車場での車庫入れも信じられないほどスムーズに終わり、今日のチャレンジは終了。

早速、次のチャレンジ考えなければsmile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ここはどこ?!

車も手に入ったので、家から1時間程度の場所にある「ウッドベリー・コモン・プレミアム・アウトレット」へ行くことにしました。

日本語で使用できるカーナビを車とともに購入してあったので、早速スペルを入力。すぐに検索され、ナビ開始motorsports 初の高速を走ったり、マンハッタンのど真ん中を走ってみたりrvcar 場所によって周囲の景色も異なり、とても楽しいドライブnote

1時間弱でナビの目的地に到着。モールの中に入っていくと、まず、Coachが目に飛び込んできました。次はBanana Republic。そのほかは、あまり知らないブランド。10時前だからか人もまばら。ウッドベリー・コモン・プレミアム・アウトレットは220もの店舗が集まっているという割には、何だかしょぼい・・・

220店舗だから、敷地も大きいはず。ということで、周囲を車で回ってみることに。グルグルグルグルdash いくら走っても、ほかのお店が見つからない・・・

そこで、モールにあるクッキー屋さんで、ほかのお店はどこにあるのか尋ねると怪訝そうな顔つきになる。更に会話を進めると、私達が目指しているアウトレットは、ここから2時間程度の場所にあり、ここはアウトレットではない、と衝撃の発言がcoldsweats02

えぇぇぇsign02

とりあえず、車に戻りナビで再検索をしてみる。主要の場所というメニューから『Woodbury Common Premium Outlets』を選択し、検索すると「ここです」とナビからの回答。

どーゆーこっちゃねんsign03

私達がいるモールの看板を確認すると、そこには『Woodbury Common』となっている。

Dsc02269_convert_20091215031221

『Premium Outlets』の文字はどこにもないbomb 

やられた・・・完全に騙された・・・ナビに騙されたぁぁぁbearing 

ナビの登録自体が間違っているのです。信じられないことです。日本じゃありえない。もし、日本なら即、苦情申し出。しかし、ここはアメリカ、英語も話せない=苦情の申し立てができない・・・crying

いやぁ~、信じられない話だけど、ちょ~面白いcoldsweats01 夫とふたり大爆笑up

良い笑い話ができたと満足しつつ、行きとは異なる道で帰宅しました。来るときには通らなかった大きな橋を通ったり、ちょっとした渋滞に巻き込まれてみたり、他州のナンバープレートを探してみたり、帰り道も楽しいドライブでしたhappy01

アメリカでカーナビを使用する際は、目的地と住所ふたつを必ず確認しましょうsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

歯医者

渡米前、歯医者で口内をチェック&虫歯の治療を行いました。なるべくアメリカで歯医者に行かなくて済むようにです。しかし、なぜか渡米直後から奥歯が痛い・・・sad こちらは健康保険制度がないので治療費が高い。どうしよう・・・sweat02 しかも、日本人の歯医者なんかいるのだろうか?

五里霧中状態で歯の治療への道のりがスタート。

まず、夫の会社で加入している保険が適用できる歯科医を探す。インターネットでの探すのだが、もちろん指示や説明は全て英語。夫に助けられ何とか探し方をマスター。調べてみると、日本語が話せる医師はいるものの、日本人の医師はゼロ・・・

もちろん、こちらにも日本人の歯科医はいるのですが、保険が適用できないため治療費が高額になること、そして日本人医師より、歯科治療技術が発達しているアメリカの医師のほうが腕が良いという噂があり、フォートリー歯科というアメリカ人歯科医を選択。

さて、歯医者は決まったので予約の電話をする。対面で聞いても理解できない英語は電話だとなおさら難しくなるsweat01 あぁ、電話したくない・・・crying けれど、時折やってくる歯の痛みを思い返し、勇気を出して電話。呼び出し音・・・そして「Hello!!」の一言。ダメもとで日本語OKか聞いてみると、電話口の女性がいきなり流暢な日本語を話し始める。

無事に予約が完了し、診察当日。麻酔をしたり削ったり、治療は日本と同じ。虫歯が神経にまで達していたので、神経を取り除く治療をして費用は約8万coldsweats02 保険の適用があっても自己負担は2万程度になる予定。やはり高い・・・

しかし、サービスはかなりのもの。まず、治療日前日の予約時間の確認のため電話をいただく。治療中はTVを見せてくれたり、治療後は痛みがないかの電話まで。もし、何かあれば24時間対応可能、とのこと。

「日本語が話せる」となっている歯科医は1年日本に留学していたと話し、正直、「日本語が話せる」というレベルではないが、助手の日本人女性が通訳などをしてくれるので、全く問題なし。

とりあえず、良い歯医者を発見でき、痛みもなくなり、本当によかった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな紳士

今、ジムから帰宅。何とか痩せるため(もはや、これ以上の増加を食い止めるため?!)にも、と思い一心不乱に体を動かしているので、終わったときにはヘトヘトwobbly そんな状態で、ジムの「ひとつめ」の重い扉を押し開ける。

すると、「ふたつめ」の扉の手前にあるトイレから小学生くらいの男の子が出現。フラフラな私の前をスタスタと歩いて行き、扉を開け・・・

そして、待っている。そう、私を待っているのです。まだ、10メートル弱の距離があるにも関わらず、ずっと扉を開けておいてくれてます。最後の力をふりしぼり、扉まで早歩きrun

「Thank You!!」とお礼を言うと、ニコニコしながら「You are welcome!!」

小さいのに、とっても紳士です。こちらでは、手動の観音扉を通るときには、子供から大人まで、男女問わず、次の人のために扉を開けておいてくれます。みんな、紳士淑女です。日本ではあまり目にすることのない光景です。

私はまだ、完璧に身についていないので、気をつけていないと忘れてしまいますsweat01 こういう、ステキな習慣は率先的に身につけたいですね。

異文化、吸収、吸収っとhappy01

| | コメント (5) | トラックバック (0)

過去と未来

仕事を辞めて3ヶ月。ふと思うこと。

やけに過去を思い出す。これまで、記憶の奥底に閉じ込められて、存在すら忘れていたような記憶が、突然ムクムクと現れてくるfoot働いている頃は未来を考えることがほとんど。明日やる仕事、会社の将来、自分のキャリア、朝礼のネタ。これが全部なくなった分、昔を思い出すようになったのかな??

最近思い出したこと。

袋いっぱいに「きんもくせい」の花を集めたこと。

お正月飾りである10センチほどの臼に米粒を入れて、実際に餅つきをしたこと。

城北公園の芝生から、教習所を見ていたこと。

パン屋で男の子と間違えられて、お詫びに飲み物をもらったこと。

お父さんの腹巻でブランコをしてもらったこと。

いとこの卒業式にバンビの鞄を持って行ったこと。

ダンボールで自分の家を作ってみたこと。

幼稚園に持参した水鉄砲が全然とばなかったこと。

寝る前にお母さんと俳句や短歌を作りあったこと。

咳が止まらない夜、何か飲むか聞かれ「カルピス」と言ったら、お父さんが夜中だというのに近くの自販にカルピスを買いに行ってくれたこと。

キキララのバッグが好きだったこと。

友達と花火をする日、なぜか機嫌が悪くてバケツを階段から蹴飛ばしたら怒られたこと。

記憶の旅はまだまだ続きそうですsleepy

| | コメント (1) | トラックバック (0)

マナー

アパートが面している川沿いをブラブラしてみるchick

Dsc02256_convert_20091209024958

すると、何やら黄色いビニールがひらひら。よく見てみると犬のフンを持ち帰るための袋で、自由に使っていいみたい。ご丁寧に使い方の説明まで記載がある。

Dsc02250_convert_20091209025231 Dsc02253_convert_20091209025348

犬を散歩させている人はビニール袋持ってこないのかgawk?まさか、ビニール袋を準備する習慣がないとか・・・wobbly とりあえず、ベンチに腰掛けて観察してみることにする。

dog dog dog dog dog dog dog dog dog dog dog dog

誰一人として黄色のビニール袋は使わない。みんな持参のビニール袋を使ってる。そりゃそうよねcoldsweats01 一瞬とはいえ、飼い主の皆様のマナーを疑ってしまったことを反省sweat01

でも・・・言い訳じゃないが、マンハッタンの道の汚さを考えると、こちらのマナーを疑いたくなるのも当然だと思う。マンハッタンの歩道や芝生は、タバコの吸殻だらけ。レストランなどは禁煙なので、店の外でタバコを吸いポイッと捨てる人もたくさんいるし、歩きながらタバコを吸うなんて普通のこと。

景観をキレイにするために洗濯物は外に干さないとか、カーテンやブラインドは派手な色にしないとか、そんなことを気にする前に道をキレイにしようとは思わないのか・・・?

不思議でならない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪化粧

遂に雪が降りましたsnow しかも、うっすら積もっています。

Dsc02233_convert_20091208033637

幼い頃から、雪とか雷のような非日常っぽい天気の時は、なぜかワクワクする私。仕事中でも、外に稲妻なんか光った日には、興奮が止まらなかったのを思い出します。

久しぶりの雪との対面、大興奮でしたup

| | コメント (2) | トラックバック (0)

激安魚

献立も決まらないままスーパーへ。運動がてら、ぐるぐるぐるぐるスーパー内を観察。そして、目に飛び込んできた文字eye

SAVE$5.00

なにぃぃ~sign03 5ドル引きsign02 特売になっていたのは冷凍魚。10切れで$10。現在の為替でいくと、一切れ87円。これは安い。躊躇することなく、品物を手にレジへ。もちろん、何の魚かはさっぱりわからない・・・

Dsc02228_convert_20091205015354

「Sole」・・・???辞書で調べてみると、舌平目。ラッキーhappy01 よかった、不気味な深海魚とかじゃなくてcoldsweats01 トマトソース添えのムニエルに。残りをどう調理するか考えなければ・・・

Dsc02231_convert_20091205015531

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NHK

NHKの受信料を払わない。そんなニュースが日本で流れていたことを覚えています。私達が日本にいる頃は、受信料の請求をされたことがありませんでした。もし、請求があっても「見てない」って言って払わなかったかも・・・coldsweats01 だって、つまらなそうだし、本当に見ていなかったから・・・

こちらで、日本語のチャンネルは1つだけ。「テレビジャパン」というチャンネルです。渡米当初は英語の勉強のため、日本語チャンネルは契約しない!!と決意していましたが、数週間後には、加入するとこで夫と合意。今では、毎日お世話になってます。

しかし、この「テレビジャパン」、ほとんどがNHKの番組です。最初は、「ええ~despair」と思っていましたが、これが意外に面白いsign03 以前、会社の上司のお宅で強制的に「サラリーマンNEO」の録画を見せられ、その内容に驚きを覚えた記憶がよみがえります。天下のNHKとは思えないようなスタイルのドラマがあったり、民放に劣らない内容のお笑いまで。

この内容なら、受信料の請求がきたら、もちろんお支払いしますよ。きっと、NHKも苦労してるんだろうなぁ、なんて思いました。

今日の番組は・・ふむふむ「外事警察」。ちょ~面白いやつだhappy01 楽しみ楽しみnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »