« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

免許取得!!

アメリカは車社会。「ちょっと買い物」も「ちょっとお出かけ」も、ほとんどが車です。車なしでは、普通の生活ができないのです。我々も人並みの生活を送るために、数週間前に車を購入しました。しかし、運転は国際免許により許可されている状態。アメリカでの免許を取得しなければなりません。

勉強は1週間前からスタートしました。まず、日本人系の車のディーラーさんから「ドライバーマニュアル」の日本語訳を入手。(後で調べところ、「おしゃべりたんぽぽ」というwebサイト(www.tampopo.info)でもダウンロードできるようです。)ひたすら、目を通すも日本語の訳が微妙だったり、ポイントがわからなかったりと、思うように頭に入りません。

そこで、意を決して英語の模擬試験サイトにチャレンジすることにしました。サイトは以下のものを使用。

http://carrsdrivingschool.com/Q_and_A/

http://www.state.nj.us/mvc/Licenses/sample_knowledge_test.htm

http://edisondriving.com/test.shtml

http://www.safetyfirstdriving.com/exam/english.shtml

中には毎回問題が変わるものもあります。しかし、これは全て英語。英語が苦手な私は、気が遠くなりそうでしたcrying ほかの方のブログなどを拝見すると、日本語の過去問や模擬テストを入手された方もいらっしゃる様子。しかし、私は神に見放されたのか、入手することができず、仕方なく英語にて勉強を開始。

夫ともに全ての英語を日本語に翻訳して自作の模擬試験日本語版を作成coldsweats02 翻訳をしている間にもポイントがわかるようになり、自作の問題と英語の問題をひたすら繰り返す毎日。

そして、今日がテスト本番!!私達はニュージャージーNorth BergenのMVCオフィスにて受験しました。はじめに、テストを受けるための用紙とテスト合格後に必要な用紙に、氏名や住所、身長や体重(フィーととポンドでの記入)などの記入。その後、視力検査(日本と同じような機械で、アルファベットを読み上げる方法)をパスし、テスト開始。

画面を直接タッチする方式です。テストは日本語も選択できます。もちろん、日本語で受験。50問中40問で合格。間違えた数を指で数えつつ、先に進みます。30問を超えたあたりで、何となくイケそうな雰囲気happy01

40問を超えたところで、夫とともに「合格」の文字が画面上に現れました。安堵の表情で免許発行の手続きへ。いや~本当に良かったですnote

とりあえず、免許が取得できたので問題ないのですが、気になることがふたつ・・・

その1:同じ日に交付された夫と私の免許の有効期限が1ヶ月ずれていること。

その2:免許発行の手数料が夫$15.38、私$15。つまり¢38夫のほうが高いこと。

一体、なぜ??と思うも、何か申し出て免許帳消しになったらイヤなので、何も申し出ずにスゴスゴと退散・・・

まぁ、よしとしましょhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

代用品

アメリカは海老が安いmoneybag 安い海老が特売で更に安くなっていたので大量購入を決行sign03 そこで、今日の献立はエビチリに決定。しかし、問題が・・・材料の豆板醤やケチャップはあるのですが、長ネギがないのです・・・スーパーに長ネギがないのですぅぅぅぅ~wobbly

代わりに玉ねぎで・・・いやいや、ちょっと微妙でしょ。

ならば、長ネギなしにすれば!!・・・いやいや、美味しくないでしょ。

さて、どうしたものか・・・長ネギを手に入れるためには、バスに乗って日本食スーパーに行かなければなりません。さすがに、それは面倒くさいgawk こんなときは、インターネットでどなたかのお知恵を拝借。調べてみると、やはり長ネギは日本食スーパーでなければ購入できないとのこと。しかし。アメリカのスーパーでも「scallion」という「青ネギ」は売っているらしいので、早速購入してみました。見た目はまるで「にら」のよう。

Dsc02159_convert_20091203031936_2

どこからどこまで食べられるのかもわからない・・・coldsweats02 とりあえず、白っぽいところを中心にエビチリに使用し、青いところはお味噌汁に入れてみました。長ネギに比べクセは弱いですが、十分代用品として使用できます。

Dsc02170_convert_20091202011824_2

まだ買ったことのないアメリカ食材は、たんくさんあります。これから、少しずつチャンレンジするぞwink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

待ちにまった「ブラックフライデー」

サンクスギビングの翌日は「ブラックフライデー」。年末商戦の始まりです。この日はどんなお店も黒字になるというのが名前の由縁らしいです。大型のテレビが30%以上割り引かれたり、バーゲン品を獲得するために深夜からデパートに並んだりと、かなり盛り上がるようですpresent

夫の同僚によると、この日は「殺人的な人ごみで、とっても買い物なんかできない。行くなら一週間後がいい。」とのアドバイス。さて、繰り出すか否か、悩むところです。ちょっと、面倒と思いつつも、せっかくなので街へ繰り出すことにしましたhappy01

すると、家電量販店の前には入店を待つ行列がsign03 さらに、デパートの店内には既に買い物を済ませ大きな荷物を持った人たちがたくさんいます。

Dsc02221_convert_20091202012354 Dsc02223_convert_20091202012444

これはもしかしてブランド店でもセールやってるんじゃsign02 と思い、すぐさま5番街へ。ところが、高級ブランド店はいたって普通の顔。残念・・・sad デパートの値引き率や値引き品の数も日本のお正月に比べイマイチ・・・

結局、何も購入せずに帰宅しました~coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンクスギビング

今日はサンクスギビングデーhappy01 アメリカの祝日です。昔、イギリスの清教徒の一行がアメリカに上陸したものの、自然環境の厳しさのため多くの人が病に倒れてしまいました。しかし、ネイティブ・アメリカンたちが生きる知恵や食物の栽培の方法などを教え、彼らはその苦境から立ち直ることができました。そして、毎年秋にはたくさんの農作物などを収穫をできるようになったため、ネイティブ・アメリカンたちを招いて宴を催したのが感謝祭の起源だそうです。

この日は毎年メイシーズというデパートが主催するパレードが開かれます。ニューヨークではハロウィンのパレードと同様、大人気のイベントですflair それだけ、観客も多そうなので開始1時間前の8時にパレードのコースであるタイムズ・スクエアに到着。しかし、既にたくさんの見物客がcoldsweats02

Dsc02184_convert_20091202012109

しかし、ご安心をhappy01 ハロウィンでは3時間も場所取りをしてヘトヘトになった教訓から、何とか「楽」をしようと考え、パレードが目の前を通過する夫の会社に乗り込むという秘策を用意していました。

夫の会社の入り口付近には「関係者以外立ち入り禁止」のロープが張られています。良い場所が見つからない人たちが、何とか人がいない夫の会社の入り口付近に入り込もうをロープをくぐり抜けていますが、みんな警察に注意されトボトボとロープの外へ。ちょっとの優越感を持ちながら、会社のIDを提示し会社のビルに無事潜入。すると、同じ考えの人たちがたくさんいますcoldsweats01 しかも、ご丁寧に観覧用の椅子まで用意されていました。

Dsc02187_convert_20091202012206_2

パレードはスパイダーマンやキティーちゃん、ミッキーマウス、ピカちゅうなどの超巨大バルーンや楽器の演奏、チアリーダーのダンスなど盛りだくさんで、訳3時間があっという間に過ぎました。

Dsc02206_convert_20091202012302

ハロウィンは個性豊かな個人の集まりなので、パレード自体に統一感はありませんが、今回のパレードは全体の動きなどがそろっていて、「これぞ、パレード!!」という感じでした。バルーンがパレードの中心となっていて、子供でも十分楽しめそうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホワイトアスパラ

日本ではあまり見かけることのない生のホワイトアスパラ。缶詰になっているものしか食べたことがなかったので購入してみることにしました。

バターと相性がいいとのことなので、焦がしバターソースをかけゆで卵をのせました。

Dsc02119_convert_20091124085300_2

缶詰とは比べ物にならないくらい美味しかったhappy01 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無理はやめよう・・!!

これまで鑑賞したミュージカルは、マンマ・ミーアとオペラ座の怪人。マンマ・ミーアは英語で物語が進むものの、何となく流れは理解できるしアバの曲がたくさん入っているので、とっても楽しい。オペラ座の怪人の英語はかなりハイレベル。日本語レコーダーを借りて鑑賞したので何とかなったけど、レコーダーがないと厳しいcoldsweats02

そして、夫とふたり次のミュージカルは、もう少し英語が上達してからにしようと決めました・・・が、ミュージカルも子供が出来たら行けないだとか、せっかくだし休日は何かしたいとか・・・そんな欲望が我々夫婦にムクムクと現れ・・・

ついに、次の舞台のチケットを購入してしまいましたcoldsweats01 ただし、台詞はなく歌とダンスの舞台です。「BURN THE FLOOR」

Dsc02156_convert_20091124085633

2人の歌手の歌や音楽に合わせダンサーが踊ります。そのダンスは人間技とは思えないような動きばかり。人間の関節ではありえない動きだと思いましたhappy02 舞台の最後は、マンマ・ミーアと同じように観客も一緒に盛り上がれます。

もちろん、私はノリノリhappy01 大満足です。やっぱり舞台は楽しい。

しかし、我が夫。以前は、こういったものには全く興味がなかったのに、こちらに来てからは人が変わったようになっている。。。環境って人を変える力があるのねheart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の味覚

最近、街中の屋台やスーパーで栗を見かけることが多くなりました。日本の甘栗のようなものかと思い、小腹を満たすために購入してみる。

Dsc02134_convert_20091124085415

焼き栗でした。甘くないけど、ホクホクして美味しいdelicious

たいした量じゃないのに$5もした・・・ちょっと高すぎ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス☆

マンハッタンを歩いていると、クリスマスグッズが販売されていたり、お店のディスプレイもクリスマスムードになっていたり、とても楽しいですnote

Dsc02089_convert_20091119020021_2 Dsc02091_convert_20091119020137

昔から年末年始の街の雰囲気が大好きで、この時期は用もなく街をブラブラしてたっけhappy01 私の母は幼い頃、元旦の朝日はいつもの朝日とは違うと思ったそうです。確かに、元旦の日差しや空気はいつもと少し違う気がします。ほかにも、同じ味のご飯やおかずでも、お弁当箱に入っていると美味しく感じたり、夕方になると「子供は帰りましょう」の合図として流れる「夕焼け小焼け」が、日曜日だけとても寂しく聞こえたり・・・なんてこともあった気がするなぁ。

今年は、異国でのクリスマス&元旦note どんな朝日が見られるのか、どんな空気の匂いがするのか楽しみです。      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンビリバボー!!

今日は車購入のために、グランド・セントラル駅から列車に乗ることになりました。これまで、地下鉄に乗車したことはありましたが、地上の電車は初めてです。切符を購入し、いざ乗車happy01電車が出発し、しばらくすると車掌さんらしき人が切符の確認に来ました。感じのいいおじさんに「Hello!」なんて言いながら切符を渡しました。そして・・・切符が返ってこないsign03

sign02 ちょっと、おじさん!切符返してくれなきゃ降りられないじゃないsign03 と訴えたいも、英語がわからないwobbly 英語が出てこない口をパクパクさせながら、車掌さんの後姿を見つめる私に向かって、夫が一言。「切符は回収されるよ。けど、大丈夫。」

あぁ、そう・・・って、そういうわけにはいかない。だって、あの切符ひとり$10。合計$20がかかっているのよbearing 何が「大丈夫」なのよぉぉぉ。納得いかない様子の私のために、夫が更に説明をしてくれました。

駅には改札のようなものはなく、人の乗り降りは全て車掌さんが、お客さんの顔を覚えて把握してるんですって。信じられない・・・

その後、車内を観察してみる。すると、確かに新たなお客さんが乗車してくると車掌さんがどこからともなく現れ切符の回収を行っています。夫は以前、会社の方と列車を利用した際に説明していただいたそうです。誰がどこから乗って、どこで降りるか把握してるなんて、恐るべし記憶力。あっぱれですshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕日

外を見ると、夕日がマンハッタンのビルに反射して、とってもキレイですshine 

Dsc02097_convert_20091119020434

思わず写真を1枚camera 実際に見ると写真の何倍もキレイですhappy01 東京のビル群よりも高い建物が密集しているので、遠くから見るマンハッタンはかなり見ごたえがあります。

しかし、このマンハッタン、何故ここにあるんだろう?日本の場合は、昔の街道や宿場町なんかを拠点として少しずつ町が出来ていったんだろうけど、さほど大きくもない島にこれほどのビルが存在するようになったのは不思議だ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちゃんちゃ焼き

昨日の和食に引き続き、今日はちゃんちゃ焼きをすることにしました。スーパーの鮮魚売り場で鮭を購入し、日本から持参したグリル鍋を使っての簡単料理です。

Dsc02093_convert_20091119020242

材料を入れるだけと思いつつも、何かコツがあるのか確認するためSkypeで母に相談。たいしたコツはないのかと思いきや、フライパンで鮭の皮目をあらかじめ焼いておき、焼いた際に出る水分を取り除くと魚の臭みがとれるらしいです。

Dsc02110_convert_20091119020537_2

夫は初めて食べたようです。「味噌の風味が美味しい」なんて言いながら食べていました。キャベツから出た水分がかなり残っていたので、ご飯を入れておじや風にしてみたら、驚きの旨さsign03 おなかいっぱいになるまで食べ続けましたdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはり日本人・・・

「週末、マンハッタンに何か食べに行かない?」

夫からの提案。この一言から、「何を食べるか?」ひたすら考えることになりました。毎晩繰り広げられる「何を食べるか?」の議論。あーでもない、こーでもない。3日に及ぶ議論の末「お寿司」を食べることに決定happy01

夫が会社の関係で利用した「SHIMIZU」というお寿司屋さんに行くことになりました。12時の開店とともに店内へ。開店後20分もすると次から次へとお客さんが来ます。日本人以外のかたもいて、お寿司やお刺身などを食べていました。

私達は、ランチメニューではなく奮発して$45の「板さんおまかせ寿司」を注文。評判のお店だけあって、かなり美味しいですdelicious 食べ終わってしまうのが、もったいないほど。泣く泣く最後の1貫を食べました。

Dsc02081_convert_20091119015501

アメリカンビーフは美味しいし、アメリカの食事も結構いいじゃない、なんて思ってましたが、やはり日本食は美味しいですねshine 今日知ってしまったこの味。しばらくしたら、また食べたくなるような気がする・・・次回に向けて貯金しなければhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分維新

私は勤務先で企業改革活動のプロジェクトチームに所属していました。その活動は「維新活動」と呼ばれており、私は活動に参加するにあたり、「自分維新」を行うことも目標のひとつとしました。

「自分維新」を掲げ続け3年。物事の捉え方、仕事への姿勢、更には私生活まで私の人生は大きく変化しました。

「自分維新」は大成功を収めたのです。

そして、今。自由な時間が贅沢すぎるほど与えられ、海外という貴重な環境にある中、更なる「自分維新」を行う絶好のチャンスsign03 と思い、英語の勉強をしてみたり、異国の文化を勉強してみたりしても、どうにも「自分維新」が成功する予感がしない・・・

何でだろう?マンハッタンの景色を眺めながら、とりとめもなく考えてみる。そして、ひとつの結論が。「人」との関わりがないから・・・たぶん。

以前、私が「自分維新」を成功できたのは、たくさんの人に支えられ、見守られ、成長させてもらえたから。自分の努力なんて微々たるもの。今回の「自分維新」は本当に自分の力で行わなきゃならないbearing こりゃぁ、大変だ・・・。夫とふたり、成長した姿で帰国する日を想いながら頑張るべwink

さてと・・・とりあえずは今日も英語の勉強から始めるかねpencil

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚料理

夕飯のおかずは魚料理にしようとスーパーへ。鮮魚売り場のおじさんに一番おいしい魚を尋ねると「これだよ」と白身魚を指差しました。2切れで365円程度。もちろん、何の魚だかはさっぱりわかりませんcoldsweats01

Dsc02074_convert_20091113022055

家に帰り調べてみると「いずみ鯛」であることが発覚。鯛なのに安いsign03 

塩コショウで下味をつけ、カレー粉と小麦粉をまぶし、バターでソテーしました。牛乳を足してソースはクリームベースにrestaurant

Dsc02079_convert_20091113022202

夫も大絶賛happy01 とっても美味しかったです。日本に比べ野菜なんかは高いですが、中には日本よりお得な食材がありそう。これから、新食材との出会いが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空飛ぶじゅうたん?!

家の周りを散歩していると、空に何かがsign02 絨毯が飛んでいるような光景。

Dsc02058_convert_20091105100348

よく見ると、飛行機で大きい布を引っ張っています。どうやら、広告のようです。日本では見たことのない風景です。

昔は、日本でも飛行船なんかを目にするとこはよくありました。もう何十年も飛行船なんか見てないような気がするけど、今も飛んでいるのだろうか・・・?

幼いころは空を見上げる時間もあったけど、大人になるにつれて、そんな時間もなくなったからなぁ。ブランド物を買ったり、友達と飲みに行ったり、子供じゃできないことができるようになったけど、しなくなったり、できなくなったりすることもたくさん。

ちょっと寂しい感じだなぁweep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカ自然歴史博物館

今日は、世界で最も大きな自然博物館のひとつといわれる「アメリカ自然博物館」へ。

Dsc02065_convert_20091110094308_2

収集された標本や展示物は3400万点を超えるというだけあって、スケールがすごいsign03 世界各地の資料や太陽系の歴史など、テーマごとに約45の展示ホールに陳列されてます。ひとつひとつのホールもデカけりゃ、展示してある資料もデカいcoldsweats02

恐竜の骨や動物の剥製などがあり、子供なんかはキャッキャ声をあげて喜んでいます。

Dsc02068_convert_20091110100329

ただ、その広さ故に1時間もすると疲れが出始めます。更に、展示についての説明が英語のため、ひたすら展示物を見続けることが疲れを倍増し・・・2時間を前に我々はダウンbearing

館内のいたるところに休憩用の椅子が用意されているので、最上階の椅子で休んでいると「あと10分で閉館」の案内がsign03

時刻は18時前。あまりに早い閉館にビックリです。周りを見渡すと人がいないbomb こりゃまずいと思い、早足で階段のほうへ向かうとゴツイ警備員さんが「早く降りろ~」と睨みをきかしています。

記念品が欲しかったのですが、売店にも行けずに博物館を後にしました。

ガイドブックを見ると、金曜日と土曜日以外は17時45分までとのこと。ちゃんと調べて行けばよかった・・・coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Creamed spinach

いかにもアメリカ料理!!というレストランに行くと、よく出てくるのがCreamed spinachというほうれん草のクリームソテー。以前、夫が食べたときに大絶賛していたので、今日は夜ご飯に作ってみました。

とはいうものの、アメリカは野菜の価格が非常に高い・・・茹でると小さぁぁくなってしまうほうれん草で作るとなると相当高い料理になっちゃうな~とスーパーをウロウロしていると、缶詰のほうれん草を発見eyesign03 $1弱の価格なので、かなりお得moneybag

Dsc02062_convert_20091105100031

早速、購入し調理してみました。バターでほうれん草を炒め、小麦粉・牛乳・ブイヨンを加えれば完成。見た目はいまいちですが、美味しかったです。夫もモリモリ食べてくれましたdelicious 

Dsc02063_convert_20091105100128

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身も心もアメリカン?!

渡米して1ヶ月。週末の外食のせいか、体重が3キロも増加bearing夫も同じく3キロの増量。このままでは、アメリカンの心を持つ前にアメリカンの身を持つことになってしまう・・・

ラッキーなことに居住しているアパートにはジムがあるので、毎日の運動を決意sign03 

Dsc02060_convert_20091105100217

毎日30分の運動が目標です。私だけに痩せられるのが悔しいのか、夫も頑張ることになりました。

さて、夫婦そろってのダイエット。成功するのでしょうか?coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »